東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

自分と他人との関係を再認識したい、と思った。

日曜で人が多い・・と思っていたが、夕方、ショッピングセンターはどんな感じに賑わってるか、体験してみたいと思って出かけてみた。

予想通りにたくさんの人であった。

が、たまには人の波を見るのもいいもんだね。

鬱陶しい、、と思うことがほとんどだけど、人ってのは微妙な距離感で上手に動いている。ぶつかりそうでぶつからないで歩いたり、視線が合いそうで合わなかったり。

この技をどこで習得したのか?それは人としての本能だろう。そう言う感覚を体験したいと、自分と他人との関係を再認識したい、と思った。(と、なんとも理屈ぽい)

 

そんなショッピングセンターの本屋で目に止まったのが

寿命が尽きる2年前 (幻冬舎新書 669) と言う本。

寿命を決めるのに1年前だと何も準備も心構えもできない。2年後が寿命だと思えば、冷静に考えられる。。とか言う内容。40代の時に2年後が寿命だと考えて人生設計すれば良い感じに生きられる。。とか言うことも書いてあった。

さらっと1、2ページコンテンツをちょこっと読んだけど、歳をとったらいろんな病気があるのは当たり前なので、健康食事や筋トレやってるからと言って、まさか自分がそんな病気になるはずがない・・・! などと、思っちゃいけない・・・

と言う部分を読んだ。

うー、、まるで自分のことじゃない?!

なんか年取ったらあきらめろってこと??

ちょっとちがうだろう?もう一回、立ち読みしなおそう。