ろくろく人生レポート

東京おとこひとり 改め:66才からの人生探求レポート

人がまったくいない騒音のない場所へ、人と関わらない、人がいない場所で、生きたい。

 遠く遠く離れた田舎、故郷、は、 無い。

ザワザワした東京でも、混沌とした魅力がある。

何か欲しいと思ったら、すぐに買い物ができるし、すぐに届く。

新しいものが手に入る。

60才過ぎの今では、これほど思わなかったが、

人が鬱陶しくてしょうがない。

人を好きになる努力を、してきた。

人は、人を好きにならないといけない、そう思っていた。

人とコミュニケーションをとらないと精進できない、と思っていた。

それが修行だと思っていた。

でも、もう、めんどくさくなってきた。人の犯罪、軽犯罪、マナー無視、自分勝手、未熟、幼稚、、、、不満や怒りは病気の元と頭ではわかっているから、努力して平静を保つようにしていた。

でも、人から得るものなど、ない。

だから、人と関わらない、人がいない場所で、生きたい。

人がまったくいない騒音のない自然のある場所へ、行きたい。住みたい。

 

bearpond.hatenablog.com

bearpond.hatenablog.com

bearpond.hatenablog.com

bearpond.hatenablog.com

bearpond.hatenablog.com

bearpond.hatenablog.com

bearpond.hatenablog.com

bearpond.hatenablog.com

bearpond.hatenablog.com

bearpond.hatenablog.com