東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

世間の人が思うことが正しいとは限りません。一生懸命にやってきたことに対して”悪いことをした、汚点がついた” などと思うことなどないのです。

NHK Eテレの

美輪明宏の愛のモヤモヤ相談室

という番組をご存知でしょうか?

不定期なので、観るのも大変ですが、2、3日前に放送があって、その時の相談者の悩み事が、

「シングルマザーで子供を育てているのですが、昔、風俗で働いていたことで子供に対して罪悪感があって、どうしたらいいのか?バレたらどうしたらいいのか?」

という悩み事でした。

この方は、新聞配達、コンビニ、他いろいろなバイトで子供を育てているが、いっとき、苦しいときに風俗で働いたという。それで子供を育てたと。

こういう人、たくさんいると思う。

三輪さんは、

「でもあなた、大変でしたね。お子さんは感謝しているんですよね?」

「はい、仕事の時は家で待っていてくれます」

浅草、吉原の花魁の話を出した。三輪さん自身もそういう家の出身だそう。

「吉原の花魁さんは「花魁道中」という歌舞伎の演目にもあるように恥ずかしい仕事ではなかったのですよ。あなたもその時の職場の皆さんも良い人だったのでしょう?」

彼女は言う。

「その職場の皆は優しく変な言い方ですがお客様からは愛のようなものをもらいました・・・」

「子供にあえて言う必要はありません。子供が大人になればわかることです。もしいつかバレたときには正直に言えば良いのです。」

と、三輪さん。

「いつか歌舞伎の花魁道中の演目でもお子様と見に行ったら良いですよ」

と締めくくりました。

 

風俗。。。汚いもの、不純なもの、やらしいもの・・・と、いくらでも非難できるでしょうが、それを非難できる高尚な人が何人いるでしょうか? いたとしても1点の曇りのない人生を歩んでいると言える人がいるでしょうか? もし、いたとしたらむしろ人として未完成なもの、じゃないでしょうか?

この相談者は悩んでいます。でもそれが正常です。楽しくおかしく性欲や本能のままにしていたのなら、悩みもしないでしょう。 本当はしたくなかった、でもしなければ生きていけなかった。。。つまり一生懸命にしてきたことなのです。ただ世間はそれを「やらしい仕事」だと自分の汚点を棚に上げ他人事で言っているのです。

自分の欲を満たすために風俗で働くというのと生きるために生活のために風俗で働く、というのでは天と地の地の差があります。

世間の人が思うことが正しいとは限りません。一生懸命にやってきたことに対して”悪いことをした、汚点がついた” などと思うことなどないのです。

最強のダサいアイテム:ボーダーとパーカーとダウンベスト。先日2回の放送があったスタイル・ラヴィーについて

先日2回の放送があったスタイル・ラヴィー。

1年半ぶりに復活。

彼女のトークは関西のノリで楽しい。

今回の放送で彼女が「皆さんが買いやすい価格で・・」とおっしゃっていました。「介護をしている母親に着せたら喜んでいた」という購入者の評価に感動していた。

そういうコンセプトの服はあると思う。でも、彼女の服がそういう服で良いのだろうか? そっち方面のコンセプトでこれから行くのなら、それはそれで良いと思うけど、それならもっとそっち方面のデザインで極めても良いかもしれないと思った。だから今のデザインは中途半端だ。

そんな彼女のデザインの主軸は、ボーダーとパーカーとダウンベスト

ボーダーとパーカーとダウンベストがこよなく好きだそうで。

昔はもっと斬新なデザインでオリジナリティあるデザインの服をつくっていた。デザイナーでしかできない服を。しかし、今回からファッションデザインではなく[普段着]というユニクロと同じ路線の服になってしまった。

多少のデザイン処理はあるものの、このブランドでしかないアイコンもないし、縫製やカラーや細部の作りの指示はちゃんとあるものの、ファッションは情熱的で斬新で気持ちに響くものがなければいけない。なぜならファッションは楽しむものだから。

そうじゃない服は裸じゃダメなので着るための[普段着]というジャンル。そんな服なら安いほど良いしノンブランドで良いしスーパーの衣料品売り場にたくさん並んでいるし作ったデザイナーの顔は知らなくていい服たちだ。

  • 誰にも意地悪されない服
  • 可もなく不可もない服
  • ママ友にもいじめられない服
  • 年収がわからない服
  • ユニクロ
  • 無印
  • 学生の普段着
  • 金のない人の服(補足:ケチな人の服)
  • ・・・

ボーダーとパーカーとダウンベストはこんなイメージ。

思うに、あれだけ斬新で勢いのあったデザインのスタイル・ラヴィーだが、この2回の放送でとても残念だと思うのは、わざわざテレビでボーダーとパーカーとダウンベストを売る必要あるのか?学生も子供も着ているどこにも売っているパーカーにあらたにデザインする意味あるのか?ということ。トレンドでパーカーが来てる!といってもそれに迎合することが恥ずかしい。

カジュアルにコーデしたいというとなぜボーダーとパーカーとダウンベストになるのか?ユニクロやGUでは買いたくない、でもボーダーとパーカーとダウンベストが欲しいい。。。という人向けにスタイル・ラヴィーはつくったのか?

今回、1年半ぶりの登場でセールでもないのにダウンベストを3980円という価格で販売したが(ボーダータートルネックは3500円)。着丈も長くして社長と私がオーバーした分を被った。。。と言っていたが、そこまでする必要はないのではないか? これは失敗だと思う。ブランドの価値を下げてしまった。アイテムもダウンベストというトレンドに逆行しているアイテムを出すとは。つまりダウンベストとは冬に向けての便利商品であって、ファッション第一の服ではないからだ。

企業努力はユーザーには嬉しいものだが、ファッションを楽しみたい人にとって「魅力ある服に出してもいい金額」というものがある。しかしそれがセールでもないのに3500円という破格の価格で売られると、買った人の意識の中でブランドの価値が下がるのだ。「そんな価格の努力はしなくて良いからステキな服を作ってください!」というファンの方が多いのではないだろうか?じゃなかったら、介護のための服、病気療養中でもオシャレしたい人の服、または堂々とは言えないがケチで1円でも安い服を買いたい人の服、というコンセプトを示さないとおかしなことになるのではないだろうか? なぜならこの価格で似たようなデザインで、機能だけ欲しかったらいくらでもユニクロにもGUにも売っているのだから。

と、毒舌ですいませんが、10代まではいいけど20代以上にボーダーとパーカーとダウンベストは着てほしくないのです。自論ではステキな人には見えない。着てる本人が気持ちよければいいの・・・というのもわからなくはない。目立ちたくないけどオシャレしている感じが欲しい、ということだものね。

デザイナーの技術の限界=テーマも作りの妙もない、ただ切って縫っただけの服に顧客はもう飽きたのだ。

アンコキーヌの服はどこか他のブランドの服と違う。それは何か?

それはデザイナーがものを作れる職人に近い、ということだろう。

でも考えてみれば、それは当たり前のこと。

ただアイデアだけ、デザイン画も描けない者が指示するだけの服なんてのは、お客に失礼じゃないだろうか?

自分も職人として長いこと勉強し仕事はアートディレクター&グラフィックをしてきた者としてわかる。

カットソーでシルエットを変えただけだったり、ただ縫製しただけで作ってるブランドとは違い、テーラードの技術をどこかに感じる、ということで人気があるのではないか?

つまり、顧客はもう気がついている。安くて季節ごとに気軽に買えて後悔しても諦めがつく、そんな服ばっかり買っていたことを後悔し始めてる。

やっと、服に魅力を求め始めたのだ!

プチプラのような服に、ただ長さを変えたりアンシンメトリーにしたりという小細工だけで新作を出すようなブランドに魅力や愛着を感じなくなったのだ。何を買ってもただちょっと違うだけの服に気がついた。

テーマも作りの妙もない、ただ切って縫っただけの服に顧客はもう飽きたのだ。

QVCのファッションブランドを観ていて、女の服にはいろいろあるが、たとえばカットソーは縫うところが直線だったりと複雑ではなく簡単であるしニットもほとんど指示は簡単だ。でも、テイラーメイドになると、女子の服は”なんちゃってテーラード”であることがほとんどで本格的な作り方は価格的にもできない。安く作るのが前提だからだ

なぜって、紳士服のテーラードは男の制服であるため、もともとファッションというジャンルではない。歴史的に技術が必要でそれはそれは最高に難しい服のベスト1であるし、縫製技術もパターンも超難しい。男向けののテーラードはそれこそ職人技が必要である。

女のブランドを見ていて気がついたのは、ほとんどが中国やラオスなどで大勢の職人が縫製の技術をだんだんと磨いているが、しかし、テーラードになると専門の技術職人がいる工場でつくることになり、価格も高い。

アンコキーヌの良いところは、女の服にある「切って縫っただけ」の服以外にテーラードの技術のある服アイテムがたくさんあることである。

それはデザイナーがものを実際に作れる職人に近い、ということ、これが他のブランドと大きな違いだ。

たとばKawaiOkada の服は切って縫っただけの服がほとんどである。パターンもただアンシンメトリーにしたりと技術は稚拙だ。これはデザイナーが職人じゃない(知識がない)、職人のように作れない、ということだ。新たな商品の限界を感じる。


おなじくQVC のエスパス・デ・カルマ などの服もオートクチュール出身のデザイナーでパターンも引けるデザイナーだが、デザインの思考が服に部品がくっついてたりプリントが複雑だったりと小細工ばかりが目立つ服である。本物のクラシックなスーツが作れないという点では、切って縫っただけの服である。

これらの職人技のない女性の服は、もう新しいデザインは限界で、思いついたような服しか出てきていない。それは女性の服が切って縫っただけで作ってしまうデザイナーの技術の限界であると言える。

ポップな不思議女子向けの服 PYUNUS

これから季節は寒くなっていきます。

そうすると、みんな濃くて地味な格好になります。

明るい色の服とか、Tシャツ1枚とかで歩いてると変?と思われる。

でも、もうそういう時代じゃないんだけど、

まだまだ勇気がないのか?無難な服一直線。

みんな、目立つのは極力、避ける人がほとんど。

そういう人が選ぶ色はベージュ〜グレージュ〜ネイビー〜

でも、つい最近、自分に似合うのはシックな色じゃなくて混ざり気のない色が似合うと思った。中間色のくすんだ色を着てるとすごく老けて見えるのだ。

で、なるべくはっきりした色を着るようにしたい。で、前にも気になってたブランド、

PYUNUS

プニュズ

渡辺直美のブランドね。

ポップな不思議女子向けの服なんだけど、これ、おデブ仕様なんです!

つまり、サイズがすごく大きい。

なので、普通の男子が普通に着れるサイズ、いや、それ以上に大きいサイズ展開。

 

こも秋は爽やかな色の服を着たい。

鰻丼 のTシャツ

鯖の缶詰のTシャツ。

すてきねー、というジャンルじゃなくって、おお?!というジャンル。

刺繍のジャージブルゾン

これ、買ったけど、想像したよりすごくいいパターンのデザインだった。

一番小さいサイズのを買って普通サイズだった。

襟の裏がリブになってたりポケットはもちろんファスナー付き。裾はいい感じにリブ。すごく綺麗な黄色。なかなかの唯一無二の服である。

目立つ気がするけど実際はそれほどでもない。

着ててとても気持ちが良くなる服でした。

うーん、これを着るのはオカマかミュージシャン崩れか、って感じ?

でも60代のおっさんが着るとはまさか渡辺直美も想像できなかっただろう。

SONY ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3

SONY ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3

プラチナシルバー色を購入。

前から気になってて欲しかった、ノイズキャンセリングヘッドフォン

このブログを始めるずっと前、浅草に住んでた頃から耳が敏感になって、痛い時もあった。ちょっとした金属音でも異常に響いて不快が続いていた。何軒も耳鼻科に行ったが医者は原因がわからないと言って処方も何もなかった。

しかたなくネットで調べると敏感な症状の病名があった。また、耳鳴りなどはストレスが原因であるという。整骨医の記事を読むと、実は耳ではなく骨格の変形、神経の影響などから来るらしい。

浅草でジムに通っていた時、大音量でイヤホーンで音楽を聴いて筋トレしていたのだけど、その時に多分大音量で聴きすぎておかしくなったのかもしれない。筋トレが終わった後もずーっと耳がジンジンして痛かった記憶がる。 今の人、スマートフォンで歩きなら音楽や動画聴いていて、耳おかしくならないのかね?疑問。

で、自分は耳が非常に敏感になってしまったので(特に金属がぶつかる音=高音が異常に響く)、本当はノイズキャンセリングでもヘッドフォンなどつけたくはなかったが、ノイズが消える?という代物(実際は無音にはならない)を使ってみたいと思った。

大手量販店の電気屋でこのソニーのを試してみた結果、SONYは口コミもBOSEよりもいいし、なかなか優秀だな、と思った。 でも高い。新品は4万円以上するのでソフマップで非常に状態の良いのを中古を17,578円で買った。

試しにBluetoothで音楽も聴いてみた。やっぱり、ちょっと密閉感がある。それはしょうがないことかもしれない。慣れるしかないが音楽は聞かないので効果はどっちでもよい。でもノイズキャンセリング効果は、悪くはない。

自分は屋外で使うというよりも、部屋の中で外の雑音を聞きたくない、、という目的で買ったのだが、出番は少ないと思う。使うとすれば、今回の台風の豪雨のような怖い音、雷のある豪雨などの時に使うのがいいだろう。そして近所のバイクや自転車のスタンドを外す時の大きな音や、ゴミ出しの空き缶がぶつかる音、そういうもののシャットアウトに利用したい。しかし、外からの生活音の騒音が出るのは予測できないので、タイミングが合わなければヘッドフォンをつける前に騒音が終わってしまうという、なんとも情けない、意味のないことになってしまうが・・・

もちろんノイズを消すという機能以外に、外の音を入れながらノイズをカットする機能もあるから、少しでも静寂が欲しいと何兆億にはいいかもしれない。 たとえばゆっくり本を読む時、朝方に新文体辰の50ccのうるさいバイクの音を消したい時、そんな時に使えば役に立つだろうと思う。