おとこひとり

59才おとこ・筋トレ・服・デザイン・時代・哲学

いいけど、ここでは買わない。

f:id:bearpond:20170702233650j:plain

なんとも ゆるーい電気屋さんです。中華を食べに行く途中の裏道で見つけた。 洗濯機の機はカタカナなんだ。なんといってもこのフォントが悲しげで、寂しげで、全文字ほしい。 ペンキで塗った跡が汚くヘタで、スタンドの傾きかげんも、ちょこっとコチラをうかがうようで 愛おしい。こういうのはプロにできない技なのだ。

エリアに合ってない自分は

f:id:bearpond:20170701232145p:plain

自分の服が 街にそぐわない、っていう気がするときが、ココずっと続いている。 ヨーロッパブランド系の服は、上野や浅草には似合わない。どっちかいうとアウトドア系の服がよく合う。建物のデザインや風情にあわない気がして歩いててもしっくりこない。 電車に座ると、自分が向かいの暗い窓に映る。映像は暗いけれど自分が浮いている気がする。浮いてるって表現するが本当は沈んで見える。沈んでてもいいじゃん!って思う、あわせる気はないが、街(エリア)と自分が似合ってないのは嫌だ。何だか空気を読めない人の様で、自分が嫌だ。

おいしい中華いかがでしょう

f:id:bearpond:20170628213303j:plain

電車で一駅のおいしい中華屋に行った。3代目がやってるそう。中国人だが日本人の血が1/4入ってるそう。自分 グルメ、ではないが、すごいおいしいと思った。

f:id:bearpond:20170628213617j:plain

店内装、、すごいかわいい。黄色いテーブル。小さい丸いビニールクロスのテーブル。細部に凝りあり。手作り感あり。店員、若い男の子で親切。写真撮ってたら、「自分が撮りましょうか?!」って。笑顔で。

男装をやめた東大教授:の公演

f:id:bearpond:20170626210125j:plain

 

「男装をやめた東大教授」の公演をきいた。女装をしているが女性が好きな男性、こういうのはレズというのかわからんが、とにかくそういう人である。公演の内容は今回もかなりマジメである、選挙の話、とかで始まった。今回は質問コーナーというのが最後に30分あった。

質問:「就職できずに困っていますがどうしたらいいでしょう?」

答え:人が1年に食べる白米と地方の安い古民家を借りてその家賃と光熱などあわせて1年で約7万ぐらい。それだけ稼げば生きて行けるから就職できなくて悩むことは無い。今日本はTOSHIBAなど大手が破綻しているがこれは崩壊の始まりでさらに続く。就職していい目など見れるはずが無い。もっと視点を変えなければいけない。

質問:「親とうまくいきません。どうしたらしいでしょう?」

答え:学校で親孝行をしなければいけないと教えられた。そもそもそれが間違えで、親との関係がよければ自然と親孝行ができる、しかし、しなければいけないと考えてる時点でそれは親孝行ではない。と、孔子は言っている。つまり、親との関係が嫌であれば無理に良くしようと考えずに嫌なら親とわかれればいい。学校で教わったことなどに縛られず何もしたくなければしないほうが良いのだ。お墓参りも先祖供養もしたいと思わなければ、しょうがなくやるよりむしろしないほうが良いのだ、と。

質問:「女性の服はどこで買うのですか?」

答え:モデルさんが経営するショップで購入します。ネットで買った服はなぜかすぐ捨てることになります。つまり、モノを買うということはネットだと人が介入せずに買うのですぐに飽きて捨てることになる。ショップではその店の人と新たに人間関係ができる。同じく払ったお金でもモノだけに発したお金と人間関係ができたお金では違う。イエス・キリストはお金の使い方について言っている。お金は人間関係をつくるために使えと。ただモノを買うためにお金を使うのではなく。

 

「最後に 差別について 」

差別の対象になるトランスジェンダーレズビアンホモセクシュアルなど、そういったものが存在するというのは間違えである。そうではなく、「差別すること・差別する考え」だけが存在するのであって、その対象としている人たちは存在しないしそんな言葉も無い。 人を偏見の目で見るというのは、その偏見の目が存在するだけであって、ダメな人も趣向の違う人もそんな人は存在しないのだ。偏見の目や差別をする人というのは常に自分の中に恐れを持つし自分だけが正しいと思っていることが否定されることが恐ろしいのだ。

常に逆なのである。 いつからか逆が正になってしまったのだろうか。

 

bearpond.hatenablog.com

f:id:bearpond:20170626214628j:plain

リネン&コットンセーター ネイビーコットンクロップドパンツ サンダル エブリンPM HERMES

 

Staff

f:id:bearpond:20170624224552j:plain

”すたっふぅ〜 ”

きょうは暑かったなぁ 東京。

 

夕飯って ひとりじゃ味気ないよね。夕食だけでも誰かといっしょだといいけど、それだけのために誰かとつきあうのは、相手に失礼だし 長つづきしないにはわかってるんだけど。

岩本町のタバコエリア

f:id:bearpond:20170623201022j:plain

神田川にかかる橋、秋葉原から岩本町のあいだ。ここはよく通る。 左先にみえるのは、おそろしいおそろしいタバコエリアだ。皆、川を見ながら煙草を吸っているのだ。 煙草を吸う人は、すわない人のエリアに問題なく来れる。 こちらは、そちらへ行くことは出来ない。これは ずるい。 何かおかしくないか? タバコを吸う人は吸いづらくなったと言っているがそんなことは無い。吸う人は空気のキレイなエリアに侵入し、キレイな空気を汚すが汚くしても不快にはならない。どこでも居ることはできる。が吸わない人はキレイな空気を汚され不快になってゆく。汚い場所に入られない。この現象は、何かに似ていると思うのだが、思いつかない。 とても大事な何か、なのだが・・・ 頭に思いつくのは 「細胞」という言葉。 見た目が同じであるモノが存在し合い、しかし、そのモノの中に融合できないものがあった。それは煙草を吸わない劣化していない細胞。そしてどこへでも動いてゆける細胞があった。それが煙草を吸う細胞。・・細胞の映像でイメージがでてくるのだが、まとまらず、終わる。

 

f:id:bearpond:20170623202202j:plain

上野で、焼き鳥屋で、なまグレープフルーツハイを飲む。

 

Tシャツ(レディース) ジーンズ ベルト デッキシューズ バッグ:エブリンGM HERMES

コンセント&スイッチ&カバーに良いデザインが無い

f:id:bearpond:20170621172030j:plain

f:id:bearpond:20170621172035j:plain

引っ越し、はまだ終わってなく 次の部屋がぼろぼろなので、改装中なのであります。インテリアの細かいところにこだわっていまうのですが、コンセント&カバーに良い感じのものが無い中、パナソニックのこのシリーズはとても良い感じである。なにしろ、真っ白でスクエア、というものが世の中にこれしか無いのである。たぶん。 考えたデザイナーの胸中がとてもよくわかります。普通マンションタイプは真っ白ではなく薄いグレーっぽいベージュ系なのだ。この中途半端な色を作ること自体、何でかよくわからない。とにもかくにも、壁紙を白くした場合コンセントなど究極に目立たないほうが良いのだ。

 

f:id:bearpond:20170621172644j:plain

大雨の中 ジムに行く。 バイクで。

ブログと筋トレ

f:id:bearpond:20170618054112j:plain

きょねんの7月に、会社の人間関係でなやんで身体がおかしくなって、筋トレやこのブログで吐き出すことで身体の調子が良くなった。

グチったり、誰かに、ねぇねぇ聞いてよ的なことはしないので、ため込むのがよくないのだろうけれど、グチのような不満のようなことをブログで吐き出すことで自分を保ってる人はたくさんいることがわかった。

筋トレはブログを書くことと同じぐらい自分ひとりでできるいい方法だ。

きょうも疲れていたがジムに行った。 ジムにいるおばさん連中のように、いたるところでクっチャべったりして発散してるようなことはせずに、ひとりでの追求が筋トレのだいご味だと思うし、そういう人を見てると清々しい気持ちになる。

年齢関係なく、誰にも頼らずに、ひとりでいつまでもできるものは筋トレとブログだと思う。

これ、すばらしいことではないでしょうか?

肉体という乗り物をこわれないように頑丈にすることと、書くと言う感情の働きをやっていれば、だれにも迷惑かからないしお金もたいして使わないし、たしかに内向的でオタク的なことだけれど、世俗のどうでもいいものに感化されない生き方ができるような気がする。

 

リネンポロシャツ イージーパンツ ホワイトレザーサンダル エブリンGMバッグ リネンハット バングル HERMES

タダ飯が食えた

f:id:bearpond:20170616161137j:plain

ジョナサンの特賞が 当たったのだ。 お会計¥1000で1枚くじ引きできる。ウェイトレスいわく、これが当たるのは超珍しいと。割引ではなく無料券というのも気前が良い。何ヶ月前にも特賞が当たったことがあって、珍しがられた。ロトはほとんど当たらないのにこっちは当たるのだ。

f:id:bearpond:20170616161636j:plain

JR神田駅にて。

ホワイトコットンパンツ 刺繍入りコットンTシャツ リネンシャツジャケット バッグ:エブリンGM レザーサンダル HERMES

Macと暮らす

f:id:bearpond:20170614182828j:plain

人生 落ち着くにはまだ早い。 挑戦あるのみ!って思う

あと5年が勝負。 なぜって、64才になっちゃうから。

じーさん 

山の中に住みたいか、海のそばに住みたいか、

山は怖い。いろんなものがいそう。目に見えないもの。もののけ姫

でも海にもたくさんいそう。

どっちもダメかな、都会に住むのがお似合いか・・・?

街の遊びをまったくしたくなくなったら、

どこか知らない街で

風景のキレイな街へ

人が面倒じゃない街に

家賃の破格値のところに、住むってのも どうでしょうか。

もちろん 独りで。

家財といえるものは Macだけで。

 

コットンポロシャツ レーヨン&コットンフリーパンツ ホワイトレザーサンダル バッグ:エブリンGM リネンハット HERMES

外食って楽

f:id:bearpond:20170613184122j:plain

f:id:bearpond:20170613184149j:plain

自炊派が若者のあいだで増えてると不動産情報。

ワンルームキッチンは一口コンロかIHだから、

昔ながらの大きいキッチンがある部屋に人気があるらしい。

自炊は糖質や脂質をとりすぎないように大事だけど

最近、面倒になってきた。

キッチンにいろんなものが増えて目障りだし、

食器がいっぱいある風景も好きじゃないし(食器のデザインしてるのに)、

何が一番嫌かって とにかく洗うのが面倒。

やっぱり外食って、楽!

食ったら終わり!

お金で解決できることは お金で解決するべし!

f:id:bearpond:20170613184158j:plain

健康のために自炊してきたけど、

今、引っ越し準備中でキッチン使えないせいで

外食の楽さを 久しぶりに実感した。

通勤リーマンじゃないし 奥さんいないしで

3食自炊はしょうじき面倒。主婦の気持ちよくわかる。

昼時はどこもランチ戦争だから、店は混むけど良いものが食えると思う。

夕飯は自炊しないでファストフード、つまりモスとかでもいいかなと。

朝、だけにしようかな、自炊。

コーヒーとパンとかだと洗うの楽だし。

でもこれは自炊とは言えないレベル。

 

アロハ 麻100%:Papas パンツ 麻100%:Paul Smith シューズ:sousou トートバッグ:HERMES

 

パンツ忘れて

f:id:bearpond:20170613000123j:plain

ロッカールームでウェアーの下を忘れたのに気づき、一瞬どうしようか、家に戻ろうかまよったが着てきた短パンで筋トレすることにした。 が、 汚れが気になってまったく身が入らず。これじゃぁ意識がくだらん別なところへいってしまう。 ダンベルの油とかすれとか気になってしまい、服着にしながら筋トレなんて情けなくなって早々にやめて風呂だけ入って帰ることにした。

ジムにはレンタルウェアがあるけど、ダサーいので借りない。借りて着てる人いるけど自分はダメだ。自分にとってジムウェアは気合い入れるための道具で大切だから。

やっぱ無理、ヤなヤツ。

f:id:bearpond:20170612005238j:plain

 

愚痴を書かせてもらおう。

義理の兄と相性が悪いのか 好きになれない。

好きになる必要ないけれど、

70才も過ぎた大人であるが このさい年齢はおいといて、

「感情の中間」というものがない人だ。中庸というやつ。

どっちともなく ゆるくおだやかな感情、

起伏のない、相手に起った状況を冷静に判断させる対応、

こういうのは大人の対応。

すぐに切れたり、意地悪い言葉を吐いたり、ものをテーブルに投げつけたり、

いつ何時もギスギスしている。

こういった大人はどう対応したらいいのだろう?

こんなヤツ好きになる姉は いったいなんなのだろう?

ケアホームに時々いる、いつ怒るかわからない乱暴な老人のようなのに。

正直に対応すると すごい屁理屈が返ってくるので、

ウソをついて接するのがいいと自分では思っている。

ケアホームのワガママな老人だと思うしかない。

すごいねー、えらいねー良いよ、良いよ、と、

なんでもおだてて、気持ち良くさせてておけばいい。

しかし、こんな人が近くに存在することが、

気になって、嫌でしょうがないけれど、

反面教師。

そう考えると自分が成長する気がして しょうがないか。と思う。

 

 

マンションを見上げた。

閉め切ったたくさんの同じ四角い窓明りを見る。

遠くから見ると窓はとても小さく見え、

遠近法で その中の人も小さく見えるのに、

その小さい人が同じ命を持った人間だという

当たり前のことが 不思議に思えた。

 

誰かと一緒に住んだり 特別な関係になるというのは、

深く考えないで できることなのだろうか?

直感で決断していいのか?

一人で悩むより二人の方が楽だし便利だし、という打算はあっていい。

ケンカしながら一緒に生きている夫婦やカップルを見ていると、

仲が良いとは思えないのに 一緒にいるのは、

一人で生きていくのは けっこうむずかしく

大変だからというのが本当じゃないのか?

それが当たり前だから だれも声に出して言わないだけなのか?

皆、相手の気にくわないところも、ひっくるめて付き合っているのだろうか?

嫌なことなど関係なくなるくらい

「好き」があるから別れはしないか?

中学生日記」のような思考、

こんな、心の声がした。

bearpond.hatenablog.com

 

クリーニング屋さんあるある

f:id:bearpond:20170611203945j:plain

いつも行くクリーニング屋さんは上手だと思う。

クリーニング屋さんって、受付の裏に工場があって、っていうのと、受付だけで、工場は別の場所、ってのがある、、というのを初めて知ったのだけど。で、いつも行くクリーニング屋さんは支店なのだけれどすぐそばの本店のほうの裏に工場がある。

近所にクリーニング屋が2、3軒あるので どんな感じなのか、見回ってみた。そしたら、一軒にウルトラブスの店員のババアが(ブスというのは顔の作り以外に表情が貧しく態度が悪いということ)受付でみんなが見えるところで電話で文句言っている。ありえない。これはひどい。それに工場が裏にないし。 で、また一軒行ったら、えらく対応がめんどくさそうなカマキリのような制服着たババアがいて、「今日出したら今日できるって言うのありますか?」って聞いてみたら、「当日仕上がりはできなくて次の日だけどそれは料金が倍です」だと。倍って、あたりまえなんだろうか・・・で、普通は3、4日かかる。だと。愛想なく言われた。営業的センスゼロ。直感で善し悪しを判断するのはまちがってない、というのを再認識した。

ドレスシャツだけをひんぱん着るサラリーマンじゃないので、服の素材は複雑でデリケートなものが多い。だから、1枚120円のワイシャツと同じ感覚であつかわれたらあとで後悔するから、けっこうクリーンング屋さん選びは慎重なのだ。

有名な白洋舎にも出したことがある。老舗だけあって高いけれどここはとてもよい。しかし、受付の裏に工場がある白洋舎ってあまり無いと思うので仕上がり日数がすごくかかる。

この結果、今、出してるクリーニング屋さんはすごく良い店だとわかった。店員の対応が今日見回ったどの店よりもやさしく丁寧だし、11時までに出せば18時にできるし料金が倍になるなんてない。工場が裏にあるので、職人が間違えて勝手にやっちまった!ってことがない。 比べないとわからないのだなぁ。