おとこひとり

62才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

★お気に入り

日本人の多くの人は「損益」で物事を考えない

11月3日(火曜)は文化の日 祝日です。 そろそろ秋も深まってくる頃。 ・・・と、ずいぶん先のことですが、あと3ヶ月ちょっとなんですね。 何を言いたいか?というと、この日が アメリカ大統領選の日 だからです。 興味のある人も無い人も、今回の選挙は…

「食い物」というものから「見世物」にしてしまうこと

ゴヤ:我が子を食らうサトゥルヌス 中庸(ちゅうよう)を保つことはすごくむずかしい。 ブッダが説いたこの中庸は、一体どこの地点でやめたらいいのか?のような、気持ちの判断が必要になってくるから、その都度状況をよく考えて行動や行為を自分でストップ…

ピラミッドは人間の労力によって作られたものではないと言い切れる。

エジプト、ギザのピラミッドは3つあるのはしってますよね。そしてその位置がオリオン座の真ん中にある3つ星の位置の比と全く同じなのは、知ってるよね。3つの星のうち一番小さな星が真っ直ぐではなく少しずれているが、その位置も正確に合っている。 最近…

日本人が慎重になってしまった理由

自粛が解除されても、とても慎重な日本人。 一部の人はサーフィンに集まっているようだが、それでも外国に比べたらとても気をつけている気がする。 日本人を一言で何と表現しようか考えていたのだけれど、ピンときた。 日本人は、 慎重 な国民なのだ。 SNSで…

訂正:ユダヤ人と日本人

ユダヤ人と日本人は祖先を同一だとする「日ユ同祖論」について ※誤解があるので題名訂正と解説:日ユ同祖論と言われているのは現代白人系ユダヤ人と日本人の関係であって、それは現代日本人とは全く関係がないので訂正します。紀元前2600年前のノアの息…

シャーリー・マクレーン「アウト・オン・ア・リム」の男性議員

彼女はシャーリー・マクレーン ハリウッドの女優でダンサー。デビューはヒッチコックの映画「ハリーの災難」だが、それはそれはつまらない映画であった。でも、二度も見てしまったぐらい、彼女には惹かれるものがある。 その訳は、1986年に発売になった…

「良心」

びっくりじゃないですか?! 大雪です! 4月も目のまえなのにね。すごいことです。14時ごろにはやんだけれど、積もるタイプの雪で階段をチリとり使ってか雪かきしました。 昼過ぎにNHKのニュース見てたら、え!?じぶんちの前じゃん?ここ?って、報道さ…

62にして迷う

自分の気持に素直に生きること。 これが一番大事なこと。だと、ある本に書いてありました。 良い子を演じることが習慣になってしまい、自分の気持よりも人の気持を優先してしまう人、 本当はこうしたいのだけど、無理だろうなと自分の心にフタをし続けること…

空いた席は空いたままにしておくのがマナー

画像を見ると普通のカフェの、なんでもないどこにでもある景色です・・・・が、 とても気になることがあります。 両側の客、自分たちの席のヨコに、自分の荷物をはみだして置いてるのが、マナー違反だと思います。 右のババアは堂々とコートをイスの背に掛け…

静かなる孤独

CS放送の映画を観ていたら、映画「ビューティフル・デイ(邦題)」というのをやっていた。CS初放送だそうだ。 映画の主人公はホアキン・フェニックス。幼い頃の父親のフェチズムな扱いで男としての自信が無い。年老いた母親の面倒を見ながら、闇を抱えて生き…

東京の人の思ってること

たまに行くバーは、 マスターの出身は 群馬県 毒舌の客Aは 千葉県 やさしい客Bは 沖縄県 毒舌の客Aが、マスターに 「田舎もんなんだよー!ばかやろー!」などと、酔ってしゃべっている。 マスターは冷静に、 「田舎の無いが悪いの?」 と、短い言葉に説得力…

氷の世界

このところ、ファッションの話題が多かった日が続きました。 と、前置きして、なんですが・・・ たまにテレ東(東京だと昔の12チャンネル=今の7ちゃん)で、 「信じるか信じないかはあなた次第・・・」 という、都市伝説の番組をたまにやってるんだけど…

スポーツは差別と独裁者を生む

1964年 昭和39年10月10日 東京オリンピックがあった。 このとき小学生ぐらいになっている人は何となくの記憶があるだろ? 自分は競技をしている人の姿はおぼえていないが、マラソンは甲州街道の折り返し地点で見た記憶がある。他は、すべて市川崑…

フェレットに咬まれて17年間闘病

かわいそうなニュースだった。 それは、こんなニュースだ。 「公園にフェレットがいる?!ということで捕まえに行った警察官がフェレットに咬まれ、17年間闘病の末、きょう亡くなった・・・」というニュースだった。 ちょっと・・・これはある意味、とても…

量子と意識の関係

何のTV番組か忘れたが(たぶん世界なんとかニュース?とかいうの)ビートたけしと所ジョージが司会の番組内で、 たけしが、 「過去をふり返って、どうのこうのって、そういうのに振り回されるのは意味なくって、実は、「過去」ってのは無くて、それは幻想で…

「ステキさ」を捨ててしまう自称ミニマリスト

こういう部屋が好き。こういう部屋に住みたい。 味覚で言うなら「うま味」のある部屋。とでも言いましょうか? 例えば、ミニマリストと称している人の部屋は、出汁の入って無いみそ汁のようなもの。 ラグやアートや布を、一気にどこかのインテリアショプでに…

貧困と貧乏

連休だったの? という11月の始まり。 コンビニ強盗のニュース。 きょう東京町田市で、42才男が店のカッターを突きつけ3万7千円を奪った・・・が、また店にもどり、「このくらいの金では生活の足しにもならないと思った」と言い、警察に現行犯で捕まっ…

自分の知らない世界

人とコミニケーションとるのって、面倒だし恥ずかしいし勇気無いし、、なんて弱っピーなこと考えて何十年も生きてきたけれど、他人はぜったい信用しない、人間なんて大キライとか思って、生きてきたけれど、 先日の大雨のとき、たまりにたまった公共料金など…

もはやマナーは消滅しつつある。

10人居たら、10人はこれ、↑ 飲み物のさいごに「ズズズズーーーー」と、大きな音を立てて飲み干し、何食わぬ顔で去ってゆく。 なんで???!なんで???!なんで???!なんで???! なんでこんな下品な行為、人として教育されていないの?? 小さい…

薬は6種類までが安全、という情報。

NHKでやってた番組で、おもしろそうなので観たのだけれど(題名忘れたけど)「多薬なんとか・・・」っていう、つまり、薬をたくさん飲んでるために病気が悪化する・・・!といったドキュメント、情報番組。 多くの人に言えることで、とても興味深い事実です…

日本で、新聞を読む行為が不快である、などと言う人が自分以外にいるだろうか?

昭和の時代には、電車の中で新聞広げて読んでいるサラリーマンは普通だった。喫茶店には、たいがい新聞が置いてあり、食事の後の昼休みにはコーヒーと新聞、という光景も普通だった。その喫茶店もドトールやスタバにかわり、電車のなかでの新聞はスマートフ…

若者の不幸

人のうわさも七十五日。と、言います。 ニュースや事件も、人の記憶は薄れてゆく。しかし、当事者たちは忘れるはずもなく。それほど第三者ってのは、いいかげんなもの。 起こった事件の事ばかりを思い込んでいては第2の人生に踏み出せなくなるので、精神的…

自分が想像したゴッホ

ゴッホのレプリカ(布に印刷)を集めて7枚になります。 ゴッホと言えば誰もが知っている、教科書にも載っている、そんなイメージがじゃまをして、ほんとうの良さに気がついていない人が多いのではないか?と、思う。 37才と言う短い人生、ゴーギャンとの…

何が違うのか結論が出た。

このまえ「あおり運転」で暴力を振るった確信犯たち。年上の女と見栄っ張りの男。 飲食店でクレーマーしたり、そういういやがらせ行動がニュースで流れたが、彼らのような人間を見て、なんでああいう生き方なんだろうか?と、彼らのような人間の生き方の意味…

医療用語と薬の怖い名前の命名をやめろ!

処方箋薬局で待っていると、 音を消した宣伝用のテレビで、こんなのが流れた。 水なしで飲める薬 口腔内崩壊錠 説明すると、水なしで飲める錠剤で、一般に、 口腔内崩壊錠(こうくうないほうかいじょう) だそうだ。 どこかの会社が開発したのだそうだ。 「水…

茶碗にお茶を入れて飲む

食べ終わったごはん茶碗に、 お茶を入れて飲んでませんでした?(50代〜以上の人は知ってるはず) 昔は、それがあたりまえでした。 それを下品とか、マナーがないとか、 言う人がいたら、反論したい。 これは「粋」。 生活の知恵。 と、いうもんなんだ。 …

蛭子能収 × PARCO

蛭子能収(えびすよしかず)氏を、知らない人はすくないでしょう。 自分も、昔から知ってはいるものの、それは「ガロ」という漫画雑誌に掲載していた頃の漫画家としての蛭子さん。 単行本も何冊も買いました。彼の絵、好きです。 で、PARCOのエスカレータわ…

歌マネ芸人:君島遼のちあきなおみが秀逸

ついに出ました! 歌マネ芸人、っていのはたくさんいれど、 これだけ歌がうまくて、見た目も似てて、ふざけないでマネをする人は、いままでいなかった。 しかし、偶然見ていたテレビで発見し、うれしい感動です。 ちあきなおみは、40代より若い人には親し…

気を使わないで体温をもらえる人を探そう

自分は、ほんとに「心配性」だと思う。 (こんなに心配性だったかなぁ・・?) と、自分でビックリするくらい、年をとるにつれて、「想像力」がおうせいになって、とくに、悪いことへの想像が大きくなってきている。 これは、まったく無意味で不必要な感覚で…

精神年齢こそ、人を好きになったり嫌いになったりする要因だった。

「あのこ、精神年齢低いね〜」って、よく言うじゃない? 精神年齢、って、普通に、みんな軽く言っちゃってるけれど、「精神の年齢」って、意味わかって言ってるのだろうか?と思う。実年齢じゃないもの、それが精神の年齢、という説明をするだろうが、じゃ、…