おとこひとり

61才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

全身茶色でキメると爽やかさが無くなって気持悪くなる確率が高い

f:id:bearpond:20171210225256j:plain

f:id:bearpond:20171212172627j:plain

近所のショップ(服屋)に行った。 細身の男性50代ぐらいでビトンの市松柄の茶のボディバッグに茶色のレザー&ニットのコンビのジャケット、茶のハーフパンツ(ゆとりのある、たぶんスウェット地)に黒のスパッツにブーツ、茶のハンチングにメガネ、というキメキメの男性がいた。たぶん全身ブランドであると想像できる。 これは反面教師!いかん、いかん!自分もアーなっているのだろうか?

しかし、ハーフパンツにスパッツって、登山人やマラソンマンがしてる、あのスタイルであるが、オシャレでやるとかなり気持悪い。

全身ブラックでまとめるのはバブル期のデザイナーズブランドを思い出させて危険であるが、全身ブラウン色ってもの、やりすぎである。1mmも爽やかさがない。男の場合であるが、4、50代以上がハイブランドで固めるとかなりキモちわるい(自分のことか?)。

年取るとカジュアルのほうが、好感度は高い、と思うけど、安っぽくなるのはさけたいので、とても難しい。

女の場合は、年代によって危険な服がある。その代表選手がチェックのネルシャツだ。たまにきてるおばさんがいる。が、ネルのチェックシャツほど貧乏臭いものはない。あれは学生や浪人生やオタクが着るものである。さらにダメージジーンズも。

つまり、女はメンズの服をそのままきてイカンのである。ちゃんと女子用にデザインされたモノを着ないと、だらしなく見えて下着も汚くて背中にブツブツありそうで、ソックスに穴が空いてそうで、、、などと思わざるをえない。