おとこひとり

62才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

面倒な状況を作り出すのはそこの「あなた」

f:id:bearpond:20191008171130j:plain

最近 文句ばっかり言ってるが、

やや空いている席で「誰か来ても他のところへ行くだろう・・」と、思ってか思ってないか、わからないが、喫茶店や公共のベンチで、一人分エリアを大きくはみだして、涼しい顔をしている人・・・いるよね?

 

「空いてるから、良いんじゃない?」

「座りたかったら、来れば、空けるから良いんじゃない?」

 

彼らの頭の中は、たぶんこの2つでしょう。

 

誰か来たら・・・って、

これって、小心者の自分には面倒な事態です。

 

こういうシチュエーションを作り出したあなたは、とても無神経な人です。

「座りたかったら(上から目線)来れば空けるわ。」

という以前に、

 

「座りたかったら、

”すいません、いいですか?”と、言えばいいじゃん?」

 

と、こちらに負い目をつくらせ、無言のプレッシャーをかけているのです。

(考えすぎだが)(理屈っぽい)

 

「自分が最初に座ったのだから、私が優先よ」とか。

 

または、

「わざわざ来る必要ないでしょ?荷物いっぱいあるんだから・・!」

 

と、自分の家のような言い訳を頭でつくって座っているのです。

 

ふと イエス・キリストの言葉を思い出しました。

 

” 主よ、彼らはわからないのです・・・”

 

そうです。

彼らは わからないのです(たぶん)。

 

でも!

キリストのようにはなれません。

コチラが悪くもないのに、「すいません・・」といって席に座るのは、なんか変です。 無言で座り、相手が荷物を引っ込める・・・ちょっとコミニュケーデョン無視してるけど、おじぎぐらいはするか? でも、これしかありません。

しかし、この何とも面倒な状況を作り出す「あなた」は、お願いだから荷物は前の席へ、そして、足を大きく組むことだけはやめていただきたい。