東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

銭湯の和彫刺青男

銭湯で、和彫の刺青をした、たぶん55歳ぐらいだろう、

中肉中背の落ち着いた感じの人が入ってきた。

 

体を洗って、しばらくして湯船に入ろうと、

3種類のジャグジーの真ん中の一つを

その和彫刺青男が使っていた。

自分は彼の横のジャグジーに入った。

ジャグジーはひとりやっと入れるタイルの箱のような狭い窪みで

隣とはすぐ近くに並ぶ格好になる。

となりの和彫刺青男が背中を向けた時に、

(そうだ、じっくり刺青でも見てみよう・・)

目の前10cmぐらいの距離で黒と赤と青の背中の刺青を見た。  

不思議だな、と思ったのは、

精巧なデジタル印刷のように、

はみ出したり一切ミスのない友禅染のような、

精巧に色分けされた図形が見えた。

そう、友禅にとてもよく似ている。

血の通った肌の質感が感じられない、織物のよう。

友禅染を肌に印刷したような、そんな完成度だった。

f:id:bearpond:20210520211023j:plain

f:id:bearpond:20210520211312j:plain

※画像と記事は関係ありません