おとこひとり

61才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

人の一生を書いてみるとこんなもん

f:id:bearpond:20190718010539j:plain
一般的な人間の一生を考えてみる。

誕生→保育園→幼稚園→小学校→中学校→高校→大学→就職→結婚→マンション購入→出産→子育て→退職→退職金で旅行→子供の結婚→二世帯住宅→趣味を謳歌→老化(病気)→介護→死

  80年間、このような経過で人が生きて死ぬ。

 

自分の場合

誕生→幼稚園→小学校→中学校→高校→大学→就職→(現在)→退職→趣味を謳歌→老化(病気)→死

  結婚しないのでその後のイベントがかなり少ない。

そして、「死」の前の「介護」は意識的に抜いた。介護は受けたくない。自分が死に方選べれば、の話であるが。

自分の人生をフカンから、第三者的に見てみると、自分を意識していない時間が多い。

人生のイベント別に、時系列に、書くと、たかがこんなもんである。人生なんて、こんなもんで終わってしまうのであるからこそ、自分の幸せを一番に考えて、自分を一番大事にするべきである。

  ♬ For Myself  For Myself ♬

    ♬ 人は 自分を生きてゆくのだから ♬

          Music by 松任谷由実 “あの頃のまま”