おとこひとり

61才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

プロのヘアメイクの性格の差

f:id:bearpond:20181205131436j:plain

f:id:bearpond:20181205131440j:plain

f:id:bearpond:20181205131450j:plain
火傷のあとや、病気の傷など、女性の顔のケアのための化粧法&化粧品を手がけている、”かずきれいこ”氏。

ただ美しくなるだけのコスメではなく、スッピンでは無理な方への、ありがたい仕事だと思います。けっこうな昔から活躍している方です。

肌に貼る、極薄のテープなんかは、発明レベル。

しかし、

彼女の化粧の実演を観るたびに、とても気になることがあります。

それは、モデルに化粧の実演をするとき、かなり乱暴なのです。

観てて、ハラハラします。

ファンでをすごいスピードでバンバン付けて、

ネールの爪が目にぶっささるんじゃないか?とか、

顔を左右におもいっきり振り回したり、

ほっぺたをグリッとつまんだり、

顔を上下左右に、せっかちに振り回したり、

例の透明なテープが顔でよれたの取ろうとして、爪でしゃっしゃしゃっしゃと、かまわずにやっとはがしたり、もう、それはそれは、お仕置きをしてるような、、、

そんな感じに見えます。

 

なんででしょうね?

 

そういう性格なのでしょうね。

メイクのしかたは、いつも「ひどいなー」って思います。

話を聞いてると、すごくせっかちな感じです。

気が短そうです。

 

一般に、男性のヘアメイクの人のほうが、全然ていねいです。

ていねいだから良い、ということではないけれど、やっぱりソフトな感じのほうが見てても所作でも、良いに決まってます。

きっと、女性・対・女性ってのは、気遣いがなくなるんでしょうね。

傷跡などの悩みのためのケアコスメって、すごく人のためになっていい仕事だ、と思うので、もっとていねいにやさしく化粧したほうが良い、と思いますよ、先生。(かなりよけいなお世話ですが)