おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

サイドワゴンを買う。

テーブルの上に、コーヒーカップ、メジャー、鉛筆、老眼鏡、ウナコーワ、ノート、カレンダー、トイレットペーパー、スマートフォン、etc なんだかんだとちらばって、すっっきりしないテーブルの見た目。

テレビのリモコン、エアコンのリモコンは、小さなサイドテーブルに置いてるが、3本足のテーブルなのでいつもすぐにひっくり返す!!ストレス!

雑貨を検索してたら良い感じのキャスター付きワゴンがあった。今まで良いねと思うものがなかったがこれはデザインも素材もサイズも良い感じである。直線的で痛そうななものは最近、避ける。アールがついた天板は優しい柔らかい形だ。

f:id:bearpond:20200629213002j:plain

f:id:bearpond:20200629213056j:plain

f:id:bearpond:20200629213015j:plain

f:id:bearpond:20200629213028j:plain

f:id:bearpond:20200629214119j:plain

f:id:bearpond:20200629213041j:plain

デザインは大事だけど素材かな?やっぱり。1台¥6932円、で、ホワイトとブラック、2台購入。大人買いしました。 こういう商品って廃盤になる可能性があるのを充分に知ってる自分。なぜなら一般人はもっと機能的なものが好きだし、価格もニトリだったらもっと安いのがありそうだから、需要が切れたらそれで終わる商品。

f:id:bearpond:20200629213448j:plain

f:id:bearpond:20200629213755j:plain

このボビーワゴンをかつて使っていた。なかなか良いデザインであるしいかにもデザイナーぽい商品だ。しかし入れるものにも気を使う必要があるデザインであった。つまり、ポケットにファブリーズを入れたり、日用品など入れたらすごく残念なビジュアルになるのであるから、便利な収納ワゴンなのに、スライド式のトレー以外は外から入れたものが見えてしまうので、入れるものが限られてしまうデザインなのだ。男性的なデザインでカッコいいが価格が高いのもネックである。