おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

帽子をリメイク

夕方、にわかに真っ暗になり、遠雷が・・・

おそろしや。

でも、豪雨が一瞬だけ降って、あっという間に、何もなかったように。

 

キャスケットを買った。

でも、ボリュームシルエットだという文言を無視して買ったので、届いたものは、クラウン(帽子のかぶるメインの部分)がでかい風船のような感じで、カッコわリィ〜。

そこで、先日、BSでパリのオートクチュールのデザイナーの特集をやっていて、彼ら、針と糸でシコシコと洋服を作っている。

そうなんだ。日本だって、ちゃんとした着物は全てオートクチュール。和服って一つ一つ手作りなのだ。海外のオートクチュールのデザイナーを思い出して、帽子を針と糸でリメイクすることにした。でかいクラウンを小さくして布を少しつまんで・・・さらにクラウンが後ろに行かないように、ツバにクラウンを縫い付けた。

ジャーン!

出来上がったのがこちら↓ 

8枚はぎん部分を左右つまむ。後ろに余った布を折り返し、縫い付ける。

見たことのないデザインの帽子が完成。まぁまぁ良い出来かな。