東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

日本は目覚めさせられた

世の中が大きく変わろうとしてる気がしませんか?

普通が普通じゃなくなって行く・・・

良くなることもあれば悪くなることもあるが、今回、悪いことばかりじゃないと思うのは、輸入に頼ってきたことで悪いことが起こってるのは膿が出てるのだと思うのです。

いつかはそうなる運命だったのが、やっと時期が来たということじゃないでしょうか。

日本の失敗は、自給自足・地産地消を無視してきたこと。中国に生産工場をつくり輸入に頼った政策をしてきたこと。今や中国の人件費は日本と変わらないという。なんというミスをしてきたのでしょう、日本! いままで技術職人の中国人を育てていたのです。でも、みていなさい、中国から撤退して日本で生産が始まったら、しばらくしたら中国の工場の機能は低下する。なぜなら、日本人の監修・監督があるからこそ発展したのだということをわすれてはいけない。これはロシアのマクドナルドの閉鎖後に同じようなバーガー屋ができたのとそっくりである。今はマックのようなものが食べられると嬉しがっているが、そのうち、サービスや味、センスが追いつかなくなって評価されなくなります。やっつけ仕事、すり替え仕事、に成功はありません。

日本には資源がない・・・と言ってるけどそんなことはない。贅沢したりすることを前提に考えているからで、海外などより重要な資源がある。それは、

だ。

水が豊富ということ以上に、綺麗、と言ったほうがいいかもしれない。これは海外にはないことだ。

物価上昇など恐れる必要なし。質素&粗食にすれば何も問題ない。ただ販売店や酪農やいろんなところが営業危機になるかもしれない。でもしょうがない。これはいままで海外にたよった政策をしてきたからだ。

ここはなんとか踏ん張って、肥料も食材も生産も労働も、全て国産にする計画が地方でも始めているらしい。絶対そうするべきであると思う。だから、今回の食糧危機、原材料不足、は、何も最悪の状況になったというよりも、やっと 日本は目覚めさせられた ということだと思う。