おとこひとり

61才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

新宿地下

f:id:bearpond:20190328015206j:plain

今日UPした記事は一度、保留にいたしました。

内容が気にいらなかったので一度削除いたしました。

代わりに別の記事↓をUPいたしました。

よろしくお願いいたします。

 

東京のど真ん中の地下を走る「地下鉄大江戸線」で、

新宿駅に着いたときのことです。

 

新宿駅の地下は そりゃぁ知ってる人には簡単だが、

初めて来る人には、まったく方向もわからない超難所である。

何百メートルとある通路に、何十個もの出口があり、

方向感覚が、まったく無くなる感じである。

自分にとって、新宿はまぁまぁ感がはたらくが、

大江戸線の地下出口は、とてもむずかしい。

 

駅の地下で壁の地図をながめて悩んでいると、

ひとりの小父さんが、

 

「どこへいくのですか?」

 

と、言葉をかけてくれた。

 

「えーと ココへ出たいのですが・・・」

 

というと、出口の番号と方向を親切に教えてくれた。

(小父さん、くわしい)

東京者なのだが、田舎から出てきた者だと思ったのだろうか?

 

新宿は皆、スゴいスピードで歩いている、

そんななかで、

なんて優しい人がいるんでしょうか。

 

人を選ばず、声をかけてくれた親切な小父さん。

ありがとう。

 

都会には悪人もいるけど

良い人にあうと心がキレイになる。