東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

遮光カーテンなんて、なんでつけるんだろう?そんなに遮光したいんだったら、日当たりのいいマンションなんか借りなきゃいいのに。

きょうも暑かったです。半袖でOKでした。

そしたら、今夜半から雨で気温がまた大きく下がるのだと。

風邪などはひけないご時世、十分に気をつけましょう!

 

断捨離という名の終活は続く・・・ということで、直径80cmの丸いテーブルを捨てることにした。スウェーデン製を中古で購入し白く塗装して、もう何年使っただろう・・・すごく重いのと、ガラス天板を注文で作って乗せてあるのが気に入ってない。サイズ80cmは今の生活に必要ない大きさ。その代わりに IKEA でローテーブルを購入した。キャスター付きの定番商品。64cm正方形で高さ45cm。¥8〜9000円台

f:id:bearpond:20220413192109j:plain

IKEA でしか気に入った家具ないなー。色味も揃う。それに安い。特にカーテンに関して日本で今売られている商品はひどい。その中でも遮光カーテンのひどさったらない。艶があってポリエステルの安っぽい素材で固くて、部屋につけたら重っ苦しい。日本人の嗜好は、なんでも機能がないと納得いかない性格の人が多いと思う。洋服だってUVカットに撥水に伸び伸びと、とにかく機能がないと不安なのが日本人の気質。

とくにカーテンでは、遮光・UV機能など無い、優しいソフトなカーテンを探そうと思ったらほとんど売っていない。カーテンは面積が大きいので素材感は大切。

それと不思議なのは、遮光カーテンなんて、なんでつけるんだろう?そんなに遮光したいんだったら、日当たりのいいマンションなんか借りなきゃいいのに。そう思いません?

陽が部屋にうっすら入ってきて、ゆらめく日差しを感じるような、そんなカーテンのほうがどんだけ素敵か・・・

IKEA にも遮光カーテンはあるけど、日本で売ってるようなガシガシのポリエステル感のあるカーテンじゃない。

カーテン付けるなら軽ーーーい印象のものが一番ベスト。やや透けの素敵なカーテンが心も軽くする。

f:id:bearpond:20220413193317j:plain