おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

重い掛け布団カバー

失敗した買物は、数えきれないほど。

失敗、というのは商品が悪いというわけじゃない。自分にとって、使いづらい、とか気に入らなかったという意味だ。

そのなかで、気が付かないところで失敗したものがある。それは

f:id:bearpond:20191118190455j:plain

これ。

掛け布団カバーである。

f:id:bearpond:20191118190516j:plain

ね、すごくいい感じのコピーでしょ?日本製で、職人、とかそういう言葉に弱い。届いて袋を空けて見た商品も、とてもいい感じで、¥3000のわりに高級感あって。

これを使うのは、羽毛布団である。それもホワイトグーズ97%以上の日本製のもふもふの布団である→高級品ね。最近特に寒くなってきたので一番暖かい羽毛布団を出して使うことにしたのだが、このカバーをかけて寝たら、どうだったと思います??

とても重い。

のです。

ホワイトグースの軽さが、どこかへ行ってしまった。なんで?って最初わからなかった。掛け布団カバーに重量があるなんて。。。シングルベッドじゃなくて、ダブルベッドだったら、布団が下に垂れ下がらなくて重みは感じなかったかも知れないと思ったけど、それでも身体にかかる重量があった。

だから、これ失敗。見た目はすごくシャレてるのにね。重さ、、、までは説明に書いてなかったし(掛け布団の重さなんて書くわけないし)、あぁ、残念。