東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

パンツのウェストが合うか知る方法

きょう、スナップボタンを買いに手芸店へ行った。

スナップボタンって知ってます? パチン!って止めるボタン。ボタンホールとか必要ないオスとメスの凸凹のボタン。

もうほとんど巷で見ないボタンだと思う。レディースの服にたまーーに使われてるけど、いまは逆に、フェイクスエードやウールのコートなどにボタンホールを開けないで前を閉めて着るという服に、目立たないように服と同色のくるみスナップボタン、というのがおしゃれで使われてるぐらい。

そのスナップボタンを買ったわけは、フードがボタンで止めてあるコート、そのフードがなぜか首の後ろあたりにしか止まってなくて、後ろにだら〜んと下がってカッコ悪い。なのでフードを前の方に止めるためにスナップボタンを買いに行った。

手芸店って好きです。雰囲気あるし、服屋と違って店員は「買ってくださいオーラ」がゼロである。洋服屋などのセールスと基本的に違う。東急ハンズで店員が「お客さま何をお探しですか〜?」なんて、お伺いに来ないでしょ? 手芸店も「お客さま、今日新しいのが入りましたけどいかがですかぁ?」なんて絶対あり得ないわけで。だからそういう手芸店とか雑貨屋は店内で落ち着いて商品が見れるから好きだ。

でもスナップボタンを買うだけだったが、たまたま入った服屋でパンツと帽子を買ってしまった・・・・

服はネットショッピング専門だったが、実店舗で買うのも楽しかった。やっぱり実物を見た方が楽しい。なぜって、店員が良い感じだったのだ。ウェストのサイズをLかMとしか書いてないので聞いたら、商品のデータをネットで探してくれたり、ウェストが自分に合うかを調べる方法で、パンツのウェストを二つ折りにして首に巻いて、、首に巻けたらそれが自分のウェストサイズなんだと。そういう方法があるんだそう。そういうやりとりも、なんだか新鮮で。

で、Mのパンツでやってみたら巻けなかった!

そう、実際、Lサイズだってわかってなんだけどね。でも計り方、正しいかも。