東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

パソコン内のお掃除で昔のフォルダを再認識

 f:id:bearpond:20200427000811j:plain

きょう(きのう)は天気が良かった(と思う)。

日曜日ということもあってか外は静かだった。隣のアパートのゴミ捨ての缶の音がうるさく響く以外は。

きょうはパソコンの中を整理した。

正確には外付けHDD内の整理。

フォルダの名前をかえたり、フォルダのデザインを作ったり。捨てたり。いままでの全部の資料は外付けHDD に保存してます。パソコン内にフォルダはほとんどありません。

たまにしか整理しないけど、とても気になった”あるサイト”を保存していたのを、整理してたらあらためて発見した。

それは、もう生まれ変わることがないと”知らされた”主婦に起こった出来事のサイトだ。どうです?これだけきいても(内容はスピリチュアル系であるが)「あ、そっち系ね?!」となるが、このかたは幼少期から見えなくていいものが見える、ということ以外は、まったく普通の主婦で何も特別な仕事も、生き方もしてない人だということが気に入ったのだ。そんな普通の人というのが気になってなぜか内容を保存しておいたのだ。

ざっくり説明すると、

「プレアデス+かく語りき―地球に30万年の夜明け」という本があり、自分はその本を読んで、いろんな検索をしているうちにこの主婦のサイトを見つけたのだが、その主婦はその本によっていろんな出来事が起こったり気が付いたりした、ということである。スピリチュアルなことや不思議なことが好きな人は面白く読めるんじゃないだろうか?(とはいえスピリチュアル系には有名すぎる本であるが)

とにかく、こういう手のものは楽しんで読んだり考えたりするに限ります。あまり真剣過ぎたり運命論的な頭で接すると不健康になります。

体の柔軟性は健康にとても大事なのは誰もわかってるのと同じに、頭が柔軟でリラックスした状態にいつもいることが、健康だと思うのです。

つねに眉間にシワを寄せて考えるとそれだけで胃が痛くなるでしょ?

体はつねに意識に影響されます。だから、肩こりを解消するときには頭もゆるめましょう。そうすればこういう系の本も楽しんで読めると思います。