おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

断捨離で悩む=くだらない悩み

今日は小雨で明日は本降りだそう。(東京)

今が一番着るものに困る季節。

・・・でも、別に会社通勤じゃないので、どーでも良いのだが。。

今は夏に毛皮着てもムートンブーツ履いても、

冬にタンクトップでも、ぜんぜん問題ない。そういう意味では良い時代。

着るものに「こだわり」を捨てると、楽になる、と頭では思う。

服の場合は中国製でもどこでも気にしなければ、暮らしに何かが変わるわけじゃないし、ただ、食材の場合だけは原産国にはこだわった方が良いが、服はね〜、たかが服だし。

ということで、また断捨離したくなる季節がやってきた。

今、実にくだらないことで悩んでいる。

今持ってるジャケット、ライトアウター、の中で、エレガント系の、たぶん70歳過ぎたら品のいいジジイっぽいスタイルになるだろう服=ジャケット、を、断捨離するか、ジジイになるまで取っておくか・・・これら、結構なブランドの値段の服なのである。プチプラだったら何も悩まないのだが。

あぁ、実にくだらん。時間の無駄。。だとは思うが、10年は着ないだろう服を売っ払って小銭を手にして今着たい服を買うか?を、迷う。実に、くだらないのだが・・・

迷った時は、行動しない。。これが定説だろう。