東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

INVERALLAN インバーアランの100%ハンドニットって知ってます?

最近、外でピーポーピーポーと救急車?火事?このサイレンどっちでしたっけ?

が、すごく多い。救急車だな、たぶん。 いっときはコロナで救急車が多かった時期があったけど、ここ最近、またすごく多いのは、なぜ?

きょうはジトーーーとした雨で不快な天気でした。

まだ霧のような雨が降ってます。

来週月曜の26度が最後でググッと寒くなるとのこと。やっと秋冬の服が着れます。

 

INVERALLAN インバーアラン って知ってます?

1975年、スコットランドにて創業されたハンドニットメーカーです。ここのセーターは1度は見たことがあるでしょう。アイルランドのアラン諸島の漁師が着ていたセーターがルーツです。

これ全て職人が1着編むのに90時間かかると言われています。職人は各自の家で編みます。未脱脂のウールなので油分があって少々の小雨や風は大丈夫。だって漁師が着るセーターだから。

メイド・イン・スコットランドですけど最近、職人がもういなくなってしまい、分業でスコットランドとインドで作ってるので、新品は全てインド製という表示になっています。

なので、もちろん新品は4〜7万ぐらいするのですけど、インド製??というのが嫌なのでメイド・イン・スコットランドの中古を買いました。

もうひとつ、さらにタグの色ですが、緑タグはスコットランドを含め日本以外の世界各国で売られている商品。茶色いタグ日本の正規代理店が扱うタグとなっています。茶色いタグが製品の質が良い?という噂があります。でも見てみると、茶色いタグの方がボタンの数が6個と少ないのが多いです。緑タグの方はボタンが8個が多い。

アランセーターといえばナチュラルな色が漁師っぽい。ヘミングウェイが着てそうなセーターです。普通、男性は特にお品良く、グレーとかネイビーとかの色のカーディガンを買うと思うのですが、自分は派手な色のセーターが好きなので、グリーン、真っ赤を持っています。

このカーディガンのスタイルは3Aという名前です。えりがあるデザインが良いね。編み模様はほぼ同じ。新品だと6万ぐらいしちゃうけど良品の中古で2万ぐらいで買えます。インバーアランのウール100%はすごく気持ちいいですよ!全然チクチクしません。毛玉もほぼならない。ただ一つ、虫食いに要注意。