ろくろく人生レポート

東京おとこひとり 改め:66才からの人生探求レポート

ブログの死

きのうも書きましたが66才になったでブログのタイトルを変えました。

普通の中高年との付き合いがまったくないので66才の人の感じというのがよくわからないが、なにもそれを考える意味もないだろう。

若い国、平均年齢が27才のインドのGDPがこれから20年盛んになるという。日本の高度成長期と一緒だね。

 

繁栄の後には衰退、そして消滅・・・

 

30代の頃2丁目でたまに飲みに行ったバーのマスターのブログ日記がきのうNotFoundになった。

9月1日から更新が突然なくなったので気になっていたが、ついに毎日書いていた日記もページ自体もがすべてがなくなった。

交流は一切ないがある日突然ネットの中からなくなる(正確にはなくなっていないが)と、とても空虚な気持ちになる。

ネットの世界は画像は悲しいくらい残るがテキストは(画像よりも皆は興味がないだろうし)残り方がむずかしいので、たぶん、アーカイブを探っても文章は探せないだろう。

そういう意味では一人の人の日記ブログの消滅するというのは、ブログの死という言葉で言えるし、NotoFound の文字を見ると、このマスターも高齢だから死んでしまったのかもしれないと思う。たぶん、お亡くなりになったのだろうと想像できる。

人とネットの消滅というのはこんなにもあっさりしているのだな、と、

無常 という言葉が浮かぶ。