おとこひとり

59才おとこ・筋トレ・服・デザイン・時代・哲学

全身茶色でキメると爽やかさが無くなって気持悪くなる確率が高い

f:id:bearpond:20171210225256j:plain

f:id:bearpond:20171212172627j:plain

近所のショップ(服屋)に行った。 細身の男性50代ぐらいでビトンの市松柄の茶のボディバッグに茶色のレザー&ニットのコンビのジャケット、茶のハーフパンツ(ゆとりのある、たぶんスウェット地)に黒のスパッツにブーツ、茶のハンチングにメガネ、というキメキメの男性がいた。たぶん全身ブランドであると想像できる。 これは反面教師!いかん、いかん!自分もアーなっているのだろうか?

しかし、ハーフパンツにスパッツって、登山人やマラソンマンがしてる、あのスタイルであるが、オシャレでやるとかなり気持悪い。

全身ブラックでまとめるのはバブル期のでデザイナーズブランドを思い出させて危険であるが、全身ブラウン色ってもの、やりすぎである。1mmも爽やかさがない。男の場合であるが、4、50代以上がハイブランドで固めるとかなりキモちわるい(自分のことか?)。

年取るとカジュアルのほうが、好感度は高い、と思うけど、安っぽくなるのはさけたいので、とても難しい。

女の場合は、年代によって危険な服がある。その代表選手がチェックのネルシャツだ。たまにきてるおばさんがいる。が、ネルのチェックシャツほど貧乏臭いものはない。あれは学生や浪人生やオタクが着るものである。さらにダメージジーンズも。

つまり、女はメンズの服をそのままきてイカンのである。ちゃんと女子用にデザインされたモノを着ないと、だらしなく見えて下着も汚くて背中にブツブツありそうで、ソックスに穴が空いてそうで、、、などと思わざるをえない。

永遠とは

何回も、何回も、読み返す本、「ポーの一族」by 萩尾望都

f:id:bearpond:20171208232809j:plain

死んだらどうなるのだろう? 永遠とは?

霊魂とか心霊とかになると、オカルトとして一般には敬遠されるが、

「哲学」となると、ヤバい感じ(宗教とか)は薄れる。

 

命は、永遠なのか? という疑問では、

命 そのものの定義が、必要だ。

命とは、心臓の鼓動なのか?

内蔵なのか?

魂 なのか?

意識 なのか?

 

「永遠でないもの (消滅するもの)」がある、ということは明白である。

その、「永遠でないもの(消滅するもの)」があるということは、

反対の「永遠」が存在しないと、成り立たないのである。

「無に帰すモノ達(消滅するもの)」の概念があるのは、

反対の「永遠」が存在するからである。

 

今、現実に起こっているか、見えているものすべては、いつか無に帰す。

諸行無常」ということである。それはわかっている。

だから、

”無に帰す” ものがあるから、「無に帰さない」ものがある、ということなのだ。

つまり、

心臓が止まって肉体が滅んで無くなっても、

無に帰さないものが あるということだ。

無に帰さないものは、

「意識」だろう と、思う。

「死」とは、物体だけが無に帰すこと。

いま、モノを考えたりすることとは違うかもしれないが、

「自分」という「意識」は永遠に存在する。

そうではないと、

「死んだわ終わりである」という発想自体(概念)が、存在しないのだ。

bearpond.hatenablog.com

 

 

目に見えないところにある相性=感覚の前には理由なんて何の力もないのである

たまたま、貴乃花の話しになったときに、

「あの人嫌い! 何だかふてぶてしくって、生意気で、きらい!」って、息盛んに言ってる人がいた。 嫌いな人は嫌いだが好きない人は好き。理屈なんて関係なく、好き嫌いの天と地の差は追求してもしょうがないこと。

恋愛もただの好き嫌いも、食べ物の好き嫌いも、全部同じだと思う。

だからすべては「目に見えないところにある相性」でしょう。

 「理屈」ではく 「感覚」

その感覚がほとんどを占めてると言ってもいい生き物が「女」なのです。

会社でも家でも近所のスーパーでも、何かのトラブったときに、女性に理由を説明してわかってもらおうとしても、正当な理屈は通らないことを自分は良ーく知っています。つまり、女性には理屈は通らない、のです。

すべては「好きか嫌い」「敵か味方か」であるのです。

そこが重要なポイントであるから、世の男性はそこが欠けてると女性を説得することはできないし(女性から逃れることはできない、とも言える)そういうことをわかってる男を、女性は安心するのです。感覚の前には理由なんて何の力もないのである。

男は女の支配下にある。

老人ホームや介護施設では男性はやはり女性を、女性の介護士、看護師を頼るのである。男は男同士というが、男は男には弱みを出せないのである。母親と子供のように、男はいつまでたっても子供であり、女に弱音をはけるのが男であり、そんな人生最後の状況で、やはり女性に頼りたいのが男なのである。が、女性にとって、頼られていい男と、頼られてほしくない男、がいる。仕事だったら良いが家では嫌だ、という女性がほとんどだと思うが、そこにはただ、単純に、この男が好きか、嫌いか、敵か、味方か、が重要なのである。

 

f:id:bearpond:20171208180847j:plain

きのうは還暦のパーティーをしていただき、終電が無くなり、タクシーで夜遅くに新宿2丁目へ行った。知り合いが店を手伝っている、その店である。がんばって始発まで呑んだが、無理はできない年齢であった。しかし、新宿の客というのはどこかクールで、人との距離を知ってる、そんなプロの飲んべえだな、という気がした。 朝5時、新宿2丁目仲通りはまったく人がいない(画像参照)。空車がポツポツ通るが、こんなに人が少ないから、きっと飲食店はかなり売り上げが少ないはず。世界最大のゲイタウン新宿2丁目はかなりさびれている。マツコとは遭遇しないが一体どこで呑んでいるのだろうか?

f:id:bearpond:20171208181502j:plain

良い人になろうとすることもなく孤独をも恐れずに歩く

f:id:bearpond:20171206212929j:plain

あー、何であんなこと言っちゃったんだろう・・・!

って、後悔、自己嫌悪 で、落ち込む。

先日、バカらしい自慢してしまった。そんなこと言う場面ではなかったのに。

心臓に毛が生えてたらなー、って思う。

ずうずしい人間は大嫌いだけど、ずうずしくなれたらどんなに楽だろうなぁと思う。でもずうずしくなったら顔つきも汚いゲズな風貌になるのはわかっている。

どーでもいいじゃん!そんなこと。って思うように、思うように、頭をだましても、なかなか思うようにならない。

ひとつには、自分が良い人間であるべきだ、と思ってるからだと思う。

好かれよう、というのとちょっと違う。

嫌われてもいいのだ。自分がダメな人間ではなく正しい人でいるなら。

自尊心は大事だし、無くなったら自殺してもおかしくないモノだけれど、自尊心ありすぎて良い人間でない言動をしてしまったときの自己嫌悪が大きい。

そもそも、悩みと言うものは、人との関係で発生する問題ばかりである。

理屈では世界に自分一人しかいなかったら自己嫌悪も後悔も、何も存在しない。だから、人との関係ってのが、いろんな問題や病気を生んでるのだ。

先日は自分を良く見せようと自慢した、そんな失敗をした自分だが、最近の相撲のトラブルを見るに、あの貴乃花親方の揺るがない信念は、それが組織にとって正しいか正しくないかなどは別に置いておき、背筋を真っすぐに堂々とした姿、一点を見つめた顔、その姿は美しいと思う、と同時に、誰に言い訳することもなく、良い人になろうとすることもなく、孤独をも恐れずに、変人だという人もいるが、年下ではあるが気骨あるああいう男をみていると勇気がわいてくる。

f:id:bearpond:20171206220456j:plain

JR神田駅のCAFE

f:id:bearpond:20171206122954j:plain

JR神田駅のホームは2F、その駅中の1F通路にあるCAFEである。

改装してキレイになったそば屋があるのは知ってたがCAFEがあったのは知らなかった。イギリスっぽい内装でチャラい感じではない店である。

で、入ってみた。来る人来る人、ほとんどがタバコを吸うために、おチャ代を払っていることがわかった。

ガラス間仕切りの奥が、喫煙スペースである。自分はサンドイッチとコーヒーでしばらくいると、5分もしないうちに煙草を吸って出て行く人がほとんどであった。

意外だったのは、店の方のクオリティーが高かったことだ。

その辺の汚いバイト兄ちゃん、態度悪い大学生女、とかじゃないのだ。こういう駅の忙しい店は接客態度悪いヤツがいる印象があるが、まったく違う。気のきく、化粧のキレイな、ちょっとハーフっぽい雰囲気のちゃんとした女性であった。奥の厨房に男性もいたがそれもしっかりしたサービスのできる大人の男性であった。食い物のうまいまずい、は二の次で、接客が良ければそれだけで、気分がいい。

呑みすぎで体がダルいので温泉スパに行く。

f:id:bearpond:20171204203042j:plain

スパの帰りにスーパー地下食品売り場に野菜を買いに行った。

なるべく安いものを買う、というのが主夫。いつもパプリカを買うのだが、安いのは韓国産。国産と見た目はほとんど変わらないが国産は価格は韓国産の3倍近い。なんで韓国産が安いの?わかんないけど、中国産は絶対にかわないけれど、韓国産も絶対に買わない。

食材じゃないけど、ネットで韓国産の中綿コートを買ったら、紙?紙じゃないよねこれ?ってぐらいに質が悪かった。縫製も、ミシンで縫ってるの?これ?なんて感じのゆるゆるで、黒のコートだけど、色が変。気持悪い感じ。なので袋から出してすぐに捨てました。ほんとに。

 

3日に、浅草にある呑み屋に初めて行ってみた。

VIDEOに出てた人で知らない人は居ない、という人がやってる店だが、やせててビックリした。ネットでは糖尿だという情報があった。カッコいい人ではあったがダイエットのやせ方とちがい、糖尿病のやせかたは、どこか痛々しかった。ちょっと不思議な感じの人であった。

f:id:bearpond:20171204204136j:plainスエードパーカー、ウールカーデガン、バッグ(エブリン):HERMES ハンチング:CA4LA

近所の温泉のスパ銭湯に行った。

空いてた。いいね、温泉。ここの湯は肌に良いそう。

上司の電話は着信拒否にした。大人げないけど。

ほんとに嫌い。大っ嫌い。悪。毒。くず。デブのブス。

でも、温泉でいろいろ考えて、

いつまでもこのままでも良くないので、ほんとの理由は言わないで、こちらの体調が悪くなったと、コチラの不具合で、と言うことを全面にだしてメールでもしよかな、と思った。 あと、1年8ヶ月で辞めてフリーランスになる・・と言おうかと思う。普通は辞めると決めた人にそこまでの猶予期間はおかしいが、それは通るはず。そうすれば少しは言動に気を使うはずと言う公算である。

あぁー、めんどう。

自分ってこんなもんでしょ

会社辞めたら贅沢できなくなるなぁー  と、

そんなことばかり考える。

酒しこたま飲んだり ホテル泊まったり 服買ったり・・

ケチケチしなきゃいけなくなるのかな?

ユニクロしか買えなくなるのかな?

目つきが穏やかじゃなくなるのかな?

何もしないで生きたい。

働かないで生きたい。

好きなことだけして生きたい。

嫌いなヤツに向かって「お前、バカだね」と言いたい。

好きなヤツだけと 一緒に居たい。

会社辞めたら 嫌なやつのこと 考えないで済む。

気持が楽になる。

本当の自分の毎日が始まる気がする。

でも、

あー、なんて ぐうたらなのでしょう、自分。

そんなもんでしょ、自分。

それでいいかな、自分。

 

f:id:bearpond:20171204144015j:plain

高尾山口より「うかい鳥亭」の美しさ

f:id:bearpond:20171202123438j:plain

還暦の前祝いに、高尾山にある料亭「うかい鳥亭」でごちそうになりました。

あと少しで還暦ですので、このブログのタイトルコピー、変わります。

(どーでもいいか・・・)

日本庭園の離れの個室で紅葉真っ盛り。あーなんて日本は美しい。

f:id:bearpond:20171202123631j:plain

f:id:bearpond:20171202123730j:plain

ランチは、お一人¥5,000ぐらいかな。

昼からワイン飲みました。2時間ぐらいかけて食いました。

料理写真をドヤ顔でアップするのはネタなしブロガーの常とう手段。それは嫌いなので風景だけです。

 

電車の中で、こんな広告がドアに張ってあった。

f:id:bearpond:20171202124148j:plain

何だ? この本?

「毛玉だらけのカシミヤより、ユニクロの新作ニット!」

「身の丈にあった服で美人になる」

 

何だ? この2つのコピー。

内容はどうであれ、

つまりユニクロなどのプチプラ服を買ってもキレイに見えますよ、

私がコーディネートすればね!・・・ということでしょ?

それにしても、「毛玉だらけのカシミヤ」って、

そもそも、そんなの着てる時点で終わってます。

ユニクロのセーター買っても、そういうだらしない女は、

何買ってもいつかは毛玉だらけになるわけで、

カシミヤだろうがユニクロだろうが毛玉だらけになるわけで、

このコピーには説得力ありません。

 

身の丈にあった服・・・って、

 

分相応相応な金額の服=おまえら金無いんだからユニクロの服でいいんじゃ!ということですよね? 身の丈にあった服って、言い方ひどいですよ。分相応でいいんだよ主婦なんか。って言ってる。そんなんで美人になれたら世話ない。

そこで、自分がコピーを皮肉って修正。

 

「毛玉だらけのカシミヤより、毛玉だらけのユニクロの着古しニット!」

「身の丈にあった服でブスになる」

 

これだったら意味はよくわかる。

エレガンス系が似合わないのは知ってた。「顔」がすべてを決める。

入院してる上司から伝言のようなメールは来たが、めんどうなので昼過ぎから電話の電源を切った。ちなみに、今回、自分は強気である。怒っている、と、アピールしても、もういいのである。電話は基本、どこからもかかって来ないし携帯メールも、酒の誘いぐらいなのでどーってことなし。

 

話変わって、下半身のパンツの話し。

チノパンとかじゃなく、自分はいつもウールのキレイ目なスラックスをはいている。カジュアルよりエレガンスが好きなのだが(この顔で)、

でも いつも自分の写真を見てみると、

 

”顔とファッションがあわない” 

 

と、思っていた。

エレガンス系のファッションってのは、女子も男子も、細ーーーくてはかなげで、手足が長くて、ミステリアスな表情の人が似合う。実際ショーのモデルも、そういう雰囲気のモデルである。

だから、普通の主婦がユニクロや無印に走るのはよくわかる。えらい。自分の顔と似合う服をわかってらっしゃる、ということか?

そのヨーロッパ系のエレガンス系の服を好きな自分ではあるが、「顔」がまったくエレガンス系ではなく、キャラクター的な顔で、どっちか言うと小汚い顔であるから、本当は、カジュアル&ワイルド系が似合うと前から思っていた。認めたくはない。HERMESが好きだが、やはり服は無理かもしれない。服はやめてバッグだけにして、服はワイルド系にかえようか?と思った。しかし、カジュアルの服ってほとんどmade in china な気がするし、何を買えばいいかここにきて悩む。

下半身だけでもワイルド&カジュアルにしてみようと思った。で、ZOZOTOWN で下のパンツを買った。テーパードできれいなシルエットであった。ほんとはあまり好きなデザイン、色ではないが、はいてカガミ見たら似合っていた=顔に似合っていた、というのが正解。自分はキレイ目なスラックスが似合わない顔であった。

(↓写真は自分じゃないヨ)

f:id:bearpond:20171130205452j:plain

f:id:bearpond:20171130205659j:plain

きのう書いた記事では普通の主婦がミリタリーファッションきたら息子の服借りてきた!になると言ったが、それは女性の場合だけ。 男の場合は上下アーミーでも何でもむしろ、男臭くなっていい感じになる。

が、 問題は・・・・・「顔」である。

すべて、・・・「顔」 だ。

スタイルなんて、顔の次の次ぐらい。

1)顔

2)ヘアスタイル

3)姿勢(猫背だとかそういう姿勢)

あとは、ドングリの背比べ、でしょうか。

「悪」から逃れるため自分なりの5感(視覚・味覚以外)での対処法

f:id:bearpond:20171130011941j:plain

ブログを書くきっかけになった2016年の夏から、いろいろと悩んで書いてきましたが、ブログを書くことで気分がずいぶんと救われた。そういう自分と同じ方、たくさんいると思います。最近はファッションと酒、という話しが多いですが、以前は人間関係でダメージ受けたことについて書いてましたが、最近も「悪の不意打ちの攻撃」はありますが、対処法でだいぶ楽になるのでその方法などをご紹介。

現在の仕事環境&人間関係について、自分の会社の元凶の上司(女)は醜いデブなんですが、節度の無い暴飲暴食とタバコとで、ついに入院しました。大人げなく「醜いデブ」などと言い放っているのは、ほんとに醜いので嫌いなのです。でも現実に、内面の性格の悪い人は、誰が見ても外見の細部に渡って醜さがあらわれるものです。

いつも感じていることですが、グチや文句ばかり言ってる人間というのは、いざとなったら誰にもやさしくされない運命ということがよくわかります。自業自得であります。

「○○が冷たい!」とか「××がひどい」とか、そんなグチばかりの電話が検査の空きの時間にかかってきます。遠くの電話であっても、真っ暗な闇のようなものが映像となって襲ってきます。人の気持や迷惑など何もわかってないこんな人間、人の上にたつべき人間じゃないのです。自分は下っ端社員ではないので、まだ良いですが、それでも、その毒気が身体に与えるの影響は(繊細な自分には、、、と恐縮ですが言ってしまいますが)恐ろしいものがあります。

その上司は日々、スタッフをいじめに近い文句ばかりいってるから、「人望」がまったくありません。人望なんてレベルじゃなく、頼られも、信頼も、何もありません。そういうことが、何もわかってないし気がつかない、人とは?他人とは?やさしさとは?人生とか?自分とは?とか、真剣に考えたことが無い人だと思う。
何ヶ月か前に、60代の社員が、上司とトラブルになって速攻、辞めました。「悪、です。悪。皆不幸です。悪・・・。」と、言って辞めたようです。誰も幸せにしない人、そういう意味で存在が「悪」なんです。ひとりの人間がこんなに大勢の人を不幸にするというのは問題だと思うのですが、自分の精神の対処で精一杯です。

自分は、お金のためだけに働きます。誰でもお金のために働くことはあたりまえ。でも気持の良い環境が無ければ精神の病気になってしまいます。「お金のためだけ」とはいっさい気づかれず、良い人を演じて、辞められるときに辞めるつもりでいます。正当に、真っすぐに、下心無く、打算無く・・・といった自分の美学とはまったく違いますが、「ずるい人間」だと自分を責めるようなことは自分がかわいそうなのでしません。これはしょうがない現実としてお金のためにずるく働くのです。

デリケートな人は、不条理な人の毒気に当てられたときの立ち直る方法を、各自、持ってたほうが良いでしょう。その方法は、「難しいもの」「時間かかっちゃうもの」では効果ありません。考えても本を探しても、どうにかなるものではありません。いろいろ試した結果、感覚的なことで実践するのが良いのではないか?と思いました。 感覚的、といったのは、「5感((視覚・味覚以外))」を良いほうに刺激することです。言葉で、頭で、考えて対処しよう、と思っても、毒にさらされてたらそんな猶予ありません。救急患者なんですから。それに、悪い毒の思考というものは強く、頭はそれが悪いと思っていなで厄介なのです。「良い・悪い」は脳には関係ないのです。悪い思考は声の大きい人の様にうるさく強く存在し続ける思考なのです。幸せなモノを押しのけてしまい、簡単に頭の中から去る様に出来ていないのです。

「悪」から逃れるため自分なりの5感(視覚・味覚以外)での対処法。

1)温泉スパ=温度&触覚
身体に熱い湯、とか湯の中の感覚とか、露天の風、とか、そういう温度や触覚を身体に感じさせて「頭の中の毒」の思考スペースを小さくさせる方法。素っ裸になるのも良い効果がある。露天がある銭湯で素っ裸になるのが良い。

2)マッサージを受けにいく。
低周波とかでごまかす接骨院ではなく、手でやる「あんま系」のマッサージ店じゃないとダメ。これはダメージ受けたときに結構な効果がある。実践済み。ストレッチに近いマッサージが良い。自分の相性に合ったマッサージさん見つけておくと良い。相性の良い人に触られてることにも効果あり。

2)ストレッチ=細胞を意識・リセットするため
ヨガでもいいけど(でも弱ってると変な宗教に勧誘される可能性あるからヨガは要注意)体の筋肉を動かし「緊張」と「緩和」をくり返し、ボディーに集中させると、面倒くさい思考がストップして良い。目は半眼がいい。目に入る光量は少なく。

4)カラオケ=声・発散・聴覚
イヤホーンで音楽聞いても良いか、というと、それは効果がないと思う。部屋の中で恥をもろともせずに大声を出すことが目的。部屋は暗くしたほうが良い。

酒や飯を食ってわすれる、というのはまったくやめたほうが良い。体に悪いし5感の効果はないし。あと、目を使うことはやめたほうが良いという気がする。なぜかわからないが、できるなら視覚は休めて(スマートフォンもPCも)いたほうが冷静な身体に近づく気がする。

「息子の服借りて着てます。」けど、何か?

f:id:bearpond:20171129223049j:plainTV通販ショップチャンネル、または QVC を、観るとはなしにBGM 的にかけっぱなしでいます。 どちらかの社で雇ってもらってもいいくらい「通」です!

と、どーでもいい自慢ですが・・・

そのショップチャンネル、「やってしもーた!」・・です。

先日はQVCの「おデブコート」について書きましたが、

今回のこのショップチャンネル・オリジナルの商品でありながら↑このダサさ。ジーンズメイトで¥980で売ってる風のデザインで、ゲストの普通の主婦っぽいお姉様には似合わないと思います。

ロゴTは・・・・10代までですヨ・・・ね。

 

f:id:bearpond:20171129223403j:plain

ちょと、↑ これは本気でまずいでしょ!

この、ちょっき、もうベスト、というモノではありません。これは「ちょっき」です。コタツに入って着てたら似合いそうなそんな感じです。

 

f:id:bearpond:20171129223917j:plain

このモッズコートは単品だったらまぁまぁ見れますが、しかし、ミリタリー調のウェアってのは、4、50代の女性が着るには無理。女子が着るには相当に、顔がかわいくて、色白で背が高くて足が真っすぐでないと、築地の魚河岸に手伝いに来たバイトの姉さん、になってしまいます。(汚れても目立たない服を来てバイトに来た・・という意味)

左のゲストのお姉さん、ジーンズが今時のダメージビンテージ風ですが、ヒザがしわしわの仕上げになってますよね。やっぱり、ヒザが出てるビンテージ仕上げには反対です。どんなにデザインです、と言っても美しくない。

普通は、ダメージジーンズをはいたら、トップスやコートは「エレガンスなキレイめ」「女っぽい感じ」ってのを着ないと、そのまま工事現場か作業着か?になってしまうのに、上下ミリタリー、アメカジで、どう考えてもこのブランドのコーディネートはダサい、と思った。

これは どう見ても息子の服を上下借りて来ました! だな。

上野「居酒屋げんき」

f:id:bearpond:20171128164700j:plain

上野の地下鉄引き込み線路、銀座線の車庫の踏切のすぐ横に、昭和レトロな「居酒屋げんき」がある。映画のセットのような店だ。チェーン店でないのも良い。ひとつひとつの料理がなつかしくおいしい。自分がとくに好きなのはマグロのブツ。新鮮で量が多い。テレビが消音でかかっているぐらいで音はない。年配の方々がやっている。それなりに有名な店だ。老体だがやさいい元気なジイさん達がやっている。

上野には居酒屋がたくさんあるが養老の滝とかいわゆるチェーン店が多く、料理も雰囲気も期待できない。いいのは値段だけだ。

f:id:bearpond:20171128164646j:plain

「居酒屋げんき」は正当派の居酒屋であるため、ガキはまったくといっていない。仕事帰りのサラリーマンか常連の自営業のおっさん、って感じ。女子は見たことない。女性のキャッキャ!って声はまったく似合わないが、ここで女性がしっとりと呑んでいたら、かなりいい女ではないでしょうか。

手作り料理をたべながらお酒を飲みたい人には、もう最高である。

ここに詳しく書いてあった。

www.hotpepper.jp

クオリティーの良い服&バッグでアイテムを長期計画でそろえる

f:id:bearpond:20171128112638j:plain

きのうは緊急の件で事務所に呼び出された。 雇用保険に ”入っていない” ”通勤手当なし” の自分の立場は、事務所には行かないで自宅で仕事をするという約束である。が、緊急では仕方がない。 事務所のある場所は、ある施設の中にある。金色のイチョウの紅葉がきれいなワイルドな庭が広がる午後3時。紅葉をながめながら歩き事務所に近づいてくと、仕事嫌いな自分はだんだん気持が沈んでゆく。

f:id:bearpond:20171128114356j:plain

 

雨も降りそうでないし、寒いわけではないこんな日は、テンションを上げるためレザージャケットを着て行くことにした。

f:id:bearpond:20171128115325j:plain

ライダースではなくオーソドックスなデザインである。

タイトではないビッグシルエット。胸囲で買うと海外ものは袖が長くなってしまうが、それはあきらめている。裏地もオレンジ色の羊革で柔らかいが、かなり肉厚である。ジャケットの裏地の鮮やかなオレンジ色だけがポイント。

きょうは行きたくない仕事だったので、服だけは全部好きなブランドでそろえた(服で気分アップするのだ)。同じブランドで、やりすぎじゃない?と思う。が、実際はすべてが特徴のないデザインなのでこれも有りである。ハイブランドでかためるとイヤミではないのか? ダサいのではないか? という意見はある。それは、ブランドロゴがプリントされアピールしたTシャツやベルトやバッグを持つからである。

f:id:bearpond:20171128150446j:plain

f:id:bearpond:20171128150456j:plain

 

自分の服の買い方とそろえ方を紹介。

例えば、年間にプチプライスの¥3,990の服を50着買うとするならば、それだけで20万円弱になってしまうのである。20万円もプチプライスに使うなんておバカである。それならば、洗濯機で洗えなくても、スパゲティーの汁が気になっても、毎日着れなくても、価値のない服50枚買って着たおすよりも、高品質のニットを何枚か持っていたほうが良い。(自分はね。)

バーゲンで一気に安い服を買い込む、というやり方ではなく、3〜5〜年かけて、良い服をそろえていく。

ちょっと近所に散歩に行く服も、少しづつそういう服にしてゆく。

長期の計画で。

そうすると、「いつも私は良い服着てる」と言う満足感とちょっとの優越感で幸せになる。長期でそろえるので、流行に左右されない服が条件である。

1年に1着〜5着ぐらいを買う。服がコーディネートでき十分にそろうまではガマンである。で、5年たったら着回せるだけの数になってゆく。しかし、雑誌で見て新しい服が欲しくなったりすると、安易にプチプラへ足を運ばせる落とし穴になるので要注意である。そういう欲求で買った服は良い服とのレベルが違いすぎてしばらくして着なくなるのだ。

長期計画で服の買い方をすると、素材も生産国も満足できる服がクローゼットにそろうから、断捨離なんてする必要がなくなる。

made in chinaで、プチプラの服を数点残して断捨離しました・・なんて、それを定番にして暮らしてるなんて今の日本で寂しすぎない?残すモノの価値がまったくないし、意味がわからないでしょ?

 

帰りの電車内は熱くてジャケットを脱いで半袖1枚になったが、車内にはそんな薄着は誰もいなかった。

f:id:bearpond:20171128120952j:plain

打ち合わせ3時間半で、急いで帰ってきた。ストレスで食欲が急上昇。ジョナサンでミックスグリル・野菜ドリア・豆腐サラダ・と、やや食い過ぎであった。

<きょうのいでたち>羊革レザージャケット リネン黒半袖Tシャツ ウールストライプイージーパンツ 黒チェッカーシューズ ハンチング , バッグ(サコッシュプールセル)時計(バレニア):HERMES 

ボーダー柄は安い服の象徴・ボーダー柄は禁欲の象徴

f:id:bearpond:20171128000233j:plain

ボーダー女のイメージである。


女性誌の編集者をしてる女。

無印良品が大好きな女。

保育園に勤めてる女。

ピンク色を着ない女。

スニーカーが好きな女。

小学生の男の子がいる女。

オシャレでヒゲでメガネの旦那がいる女。

自転車に乗ってる女。

赤のタータンチェックのひざ掛けを持ってる女。

ビトンやグッチなどに興味ない女。

DEAN & DELUCAのトートバッグ持ってる女。

紅茶が好きな女。

玄米とバゲットパンが好きな女。

アフタヌーンティーのカフェが好きな女。

マグと皿は絶対白と決めてる女。

北欧家具が好きな女。

こう上げてみたら、

ボーダー好きの女は禁欲的でナチュラル派で、下ネタなんぞ言ったらすごい顔されそうな、冗談通じないそんなイメージである。良い意味では、つねに理論的な考えをし、ひかえ目で、常識人であり、子供好きな家族思いのイメージである。

 

これを「男」に置き換えて考えてみた。

今や男の国民下着となったボクサーブリーフ。

ボクサーブリーフをはかないで、コットンのチェック柄のデカパンをはく男は、ピチピチボクサーで男のモッコリが出てしまうのが嫌いな派、つまり「エロスの部分を拒絶する派」の男である。こういう男は、子供時代に母親が成人になるまでずっと下着を買い与えて自分では買えない男。そのまま結婚し彼女もデカパン男をそのまま普通だと思い込んでいる、という構図が想像される。

そういう男と、「女っぽい女に見られたくない派」のボーダー好き女と、同じであると言える。

サウナのロッカールームで着替えるとき、下着のパンツを脱ぐのに、腰にバスタオルをまいて下半身を隠してパンツを脱ぐ男がけっこういる。これ、男らしくないし、カッコわるいし、局部にコンプレックスがあるのか知らんが、よけいに目立ってしまい、女々しくて「やめろ」と言いたい。

こういう男達はボーダー女と相性がいいだろう。体の「その部分」がちょっとでも目立ったらワイセツで下品だと思っている人種だ。

そういえば、ボーダーというのは中世からも罪人のイメージらしいけれど、そういったDNAが残っていて、本当にリアルな男にも、女にもなることが出来ない人が無意識に着て安心する柄かもしれない。

f:id:bearpond:20171128000321j:plain

↑無印のボーダー ¥2,990

 

自分はボーダー、好きではないので持ってないですが、ショップは必ずボーダーシャツを仕入れます。これは、どれにしようか迷った客にボーダーを進めれば結構な確率で買うということが言えるからです。1枚、2枚、持っていても良いかなと思える「服を着てる感のある柄」であると言えます。無地だと「着てる感」が薄いと感じる人達にとってボーダーは魅力的なのです。 無地は物足りないのである。

 

つまり、

¥2,990の予算でカットソーを買いに行った場合、

無地でなんの変哲もない地味なTシャツを買うよりも、同じ値段で柄がはっきりしたボーダーのほうが、柄の強さで「価値が高い」と錯覚してしまい、買ってしまうのである。

 

しかし、

¥29,900といった一桁違う3万円という金額でカットソーのトップスを買いにいった場合に、はたしてボーダー柄のシャツを買いますか?

 

買いませんよね?

 

商品が高額になればなるほど、無地でも良いモノを買います。

 

つまるところ、

ボーダーものは¥2,990が限界値である。

ボーダーを着てると、服の値段がわかってしまう、と言う、なんともなさけない状況で街を歩くということになるのであります。

これは、あくまでもオシャレをして外出する人に対してのことであって、作業する人とか制服とかだったらそんなことは微塵も感じないわけであります。

もしもファッションデザイナーが恐れを知らずボーダー柄でウン万円のカットソーやトップスなぞ作ったら、やってはいけないことをやったな、と思うでしょう。

 

いままで禁欲の象徴とかいろいろ言いましたが、

考えをまとめ、乱暴な言い方をすれば、

 

「ボーダー柄は安い服の象徴」

 

と、結論が出ました。

デザインに限界ある。無理しすぎ。ポリ100%で服作るな!

私めの姉は64才である。

旦那もいる。

仕事している若い頃には

それなりの高い服を買っていたが、いまは、

 

    シマムラ

 

である。

「服なんて安くて着たおせればいいのよ!」

ということ だそうです。 はぁ〜

しかし、それなりにコーディネートのセンスは良い。

自分がウン万の服だよ、これ、というと、

「無駄! 贅沢!」 と捨て言葉をはきます。

服にお金は賭けずに貯金して旅行に使うのだそうです。

それでも、ユニクロ と、 無印 では買わないのだそうです。

なぜか? と聞くと、

シマムラでは 同じ服の在庫が少ないらしいのです。

だから、人とかぶりにくい、のがいいのだそうです。

はぁ〜

もう、人とかぶる、かぶらない、なんて、

どーでもいい服じゃないの? それって、って思うけど、

 

 誰でも買いやすい服(ユニクロ・無印)は

 誰でも買えるけど誰も似合わない。

 

これらの企業は大きな責任がある。

誰でもカッコよくならない服を買いやすい価格で安く大量生産してしまうことは、普通の人のレベルが下がる一方で、大いに問題あると思う。 「お出かけにユニクロでコーデ!」なんておバカな発想しちゃう主婦が増える。

服が好き、ファッションが好き、な人は明日の飯の金がなくて困るような人じゃないのだから、企業は「客が服を選べる」のじゃなくて、「ステキなあなただけに作られた服」を作るべきです。ターゲットを絞って。そうすると、ダイエットしなきゃ、とか、ヘアースタイル替えようかしら?とか、生活スタイルかえようかしら?とか、自分のレベルがアップするのに、誰でも着れちゃう安い服作っちゃうと、もうソファで寝っころがってもシワにならない服!これでコンビニにも行ける。さらに洗濯機OK、なんて感じで、自分にきびしくならないよ。

 

話変わって

GVCテレビ通販の話。

服じゃなくて番組として好きなkikki。岡田可愛のブランド。

最近、この服がヤバい気がする。

だんだん、変なデザインになってきてる気がする。

f:id:bearpond:20171126155725j:plainこのポリエステル100%のコート、どお? 

       = デブ

風船女 って思う。 女には絶対着てほしくない。

ぽっちゃりはデブに、デブはそれなりに大デブに見える服。

しかし、けっこう売れてるではないか? 大丈夫かなぁ、女?

f:id:bearpond:20171126155907j:plain

f:id:bearpond:20171126155915j:plainこのキャスター、ぽっちゃりさんだし、よけいに風船みたい。

こういうデザインにしたい気持はわかるけど、

身長180cmないと着こなせないです。

 

f:id:bearpond:20171126160002j:plain

170cmのモデルが着ても、これが限界。

見てるとモデルの顔が引きつってて嫌がってる感じがするし、キャスターも自分のデブ度が上がってるのをがまんしてる感じがする。それに、素材が良いわねーっていってるようだけど、ポリ100%で、よく言います。

聞いた話しだけれど、世の中に服が溢れかえっていて人類の一生分以上の服が地球上にあるそうです。だから、新たに服を作り出そうとすると、もう、変な服になってしまうのだと思う。

 

今度はボーダーについて書きたいと思う。

ボーダーの服、大人にはダサいです。