おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

私のフランソワーズ

f:id:bearpond:20190922222121j:plain

段ボールにしまってあったレコードたちを、なにもしまったままでなくても良いのでは?と思って、このまえ表舞台に出してあげたのである。

その中の1枚、

荒井由美松任谷由実)のセカンドアルバム「ミスリム」・1974年

この中の曲で、「私のフランソワーズ」っての、大好きです。

ちなみに呑み屋のカラオケ採点で、何と96点!

抑揚の無い歌であるから、出た点数。

(それは おいといて)

 

この「私のフランソワーズ」の歌詞といったら、

 

たそがれどき ひとりかけるレコード

4年前に はじめてきいた曲を

私のフランソワーズ

あなたの歌に 私は帰るのよ

さみしいときはいつも

・・・♬

歌/作詞/作曲:荒井由美

 

若い荒井由美が書いたこの歌詞、

年老いた老人が書いたとしても おかしくはない内容、

それは、

 

人生の夕暮れの 寂しい時に

いつも思い出す曲がある

 

楽しいときの聴きたい曲より さしい時に聴きたい曲が好き。

恋愛中の想い出の曲より、

失恋した時に聞きたい曲が 一番忘れられない曲。

 

さみしいときに帰る わたしの曲、

ありますか?