東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

なぜ今公開?アメリカ国防省がUFO動画をあらためて公開

今日から5月ですね。

30日の東京の感染者数は46人。まだまだ10人以下にならないとダメですね。毎日の感染者数のグラフを見ると、4月11日がピークで波をうちながら下がってゆくように見えます。

f:id:bearpond:20200430232548j:plain

4月11日、17日、24日、がとくに多いのですが7日間周期で上がって、そして下がってゆくというリズムがあるのがわかります。これに沿って考えると、

5月1日が多くなってそれ以降が下がり8日にまた少し上がってそれ以降が下がる、、という規則になると考えられます(自己流の考え)。

ただ、今、自粛が解除されてしまったら1週間以降にいきり感染者数が上がって全く違う数字になるはずです。

話変わって

だいぶ気温が高くなってきました。この気温で、少しでもウィルスの影響が少なくなるといいですが。情報によれば、気温が21〜24度で湿度が50〜80%だったかな?そのくらいが一番ウィルス(今回のかは不明)が死ぬらしいです。これから日本はこのぐらいの気温になる。湿度も6月になれば70%なんて当たり前だから、この新型コロナはどうかは不明ですが同じコロナウィルスには違いないわけだから少しは期待して。

おもしろいなと思ったのは、4月28日のニュースで数年前に流出したUHO映像に対して新たに不明だという声明を発表。UFOらしき動画をアメリ国防省が発表したこと。なんでこの時期に?と思っておもしろいことするなぁという印象です。

www.asahi.com

この動画、ずいぶん前に民放のよくやる不思議番組で見たことります。

アメリ国防省はによれば、

「過去に出回った映像が本物かどうかや、他にもあるのではないかといった人々の誤解を解くために公開に踏み切った」と説明し、不審な物体の正体は「わからないままだ」

ということらしい。つまり「不明である」ということを公表したと言った変なコメントである。

映像だとはっきり見えない。でも飛んでるのに不自然に傾いたりして飛び続けている。飛行機ではあり得ないコマのような飛び方。流出した、ということはもともとアメリ国防省が持っていたものだから、改めて「何だかんだわからん」と言いたかったのだろうが・・・

それで、ちょっと探ってみたらこの映像はヒストリーチャンネルで放送され、こちらに詳しく載っていた。

f:id:bearpond:20200428221320j:plain

f:id:bearpond:20200428221306p:plain

「謎の飛行物体は、時速130キロで海中を進んだ!」衝撃の証言が明らかに!

prtimes.jp

120メートルの楕円形の白い物体」「それは、時速130キロで海中を進んだ!」などの驚くような内容が明らかにされる。・・・などなど。

自粛中にUFO動画を観まくるかな!