東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

墓参りの代行は大きな間違え

おはようございます(o´・ω・`o)ノ゙ チャ♪

 

お盆なのでお墓のことを書きます。

最近、お墓参りに行けないご老人などが代行を頼で墓参りしてもらうらしい。そういう代行業者やタクシー会社がある。墓を掃除して花を添えて最後に写真を撮って終わり。。。

これ、一見 便利〜って思う人多いと思う、が、

最低な行為  だと思いません?

ご老体や病気、でもどうしても墓参りしたい、でも行けない!行けないのだったら人に頼んで参ってもらう・・・ここ、ここが間違ってる箇所。

お墓はインテリアじゃないんです。

お墓はオブジェじゃないんです。

草が生えて汚れても掃除するだけだったら住職に頼めば良いんです(墓石屋さんがやってくれます)。実際、住職は通路や大きなゴミなどのささっとした掃除はやっています。ただ墓自体の掃除や手を合わせてお参り、は、法事じゃない限り住職はしません。代行業者が墓の掃除だけだったらいいが他人の墓に手を合わせて花をたむけて拝むことはその代行者は因縁を背負うのです。心がこもっていようが、いまいが関係なく。

この墓参りの代行は、犯してはいけないタブーを人のためになるからと言って職業にしてしまったようです。

それに、頼むほうはお墓をオブジェだとでも思ってるんでしょうか?人に頼んで掃除して花をたむけてスッキリした!って言ってる老人がいます。ただ墓を掃除して汚れが綺麗になっただけです。目的が掃除です。拝んだのは他人です。どう考えてもおかしいと思います。

どうしても遠距離で行けないなら、人に頼むようなことはしないで、気になるなら掃除だけ住職に頼んで(墓石屋さんがやってくれます)、とくに花や拝むのは家の仏壇を通して行うべきです。お墓や仏壇は現生への霊魂の出入り口です。仏壇がなければ簡単な写真と蝋燭などで簡易仏壇を作って拝めば良いのです。遠距離でも関係なく通じるものです。

いっとき流行ったお墓の歌の歌詞のように、墓には死者の魂はありません。あの石造りの暗い地下の骨壷の中に魂が入ってると思ってますか? もしそう思っているならそれこそ、ひどい環境で霊がかわいそうじゃないですか?!自分だったらと考えて、ずっと湿気が多く暗く狭い場所に居るなんてありえないでしょう?!