ろくろく人生レポート

東京おとこひとり 改め:66才からの人生探求レポート

因縁果の道理/自分が決断しないと因縁が終わらない/因縁をつくったのは因=である自分だからだ

2016年に「会社を辞めること・・・」というテーマで作ったこのブログ。

そうなんですヨ・・・実は。

最初の投稿を読むと恥ずかしくなるが。

はや7年が過ぎた。

そしてやっと今年12月で退社・離職、つまり終わることになった。

上司、会社、と縁を切る。

紆余曲折、最初に辞めたいと思った気持ちが、7年の間で、どうだったかわからなくなってしまった。

しかし、本当に辞めたいなら辞めるのは自分の意思で辞められるのだから、今まで辞めなかったのは自分の「本心」が

「辞めたくなかった」

ということになる。

辞めたいのに辞めない、とグダグダと愚痴って7年いたということだ。

今、整理して思うのは

 

因 縁 果 の道理

 

仏教では因は「自分」縁は「相手」果は因縁の結果である。

原因()があって、環境()があり、結果()が生まれた。。。

原因である自分、が、上司・会社という環境に会って、良い思いも嫌な思いもした。

因縁をつくったのは誰でもない、自分だったのだ。

ある呪文で縁を切る方法をやってみた、が、

当たり前だがそんなもんじゃ切れなかった。終わらなかった。

他力本願ではなんでも成就しない。

自分を変えないと 相手は変わらない。

縁ではなく、因を終わらせなければいけなかったのだ。

つまり、自分が決断しないと因縁が終わらない、という簡単なことだった。

因縁をつくったのは、因=である自分だからだ。

この因縁果の道理はどんなことにも共通するという。

そして因縁を終わらせるため、自分がやることは

「本心」で思うこと。

いくら口やメールで語っても「本心の心」で思わないと成就しない(因縁は終わらない)という。

なんでもそうだと思うが、

本心で思うこと、は、実現する。