おとこひとり

62才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

アメリカズ・ゴット・タレント

f:id:bearpond:20200419022855j:plain

f:id:bearpond:20200419022954j:plain
 アメリカズ・ゴット・タレント」という海外のオーデション番組がある。有名なところでは、あの美声のスーザン・ボイルが優勝している。

f:id:bearpond:20200419021057j:plain

 

f:id:bearpond:20200419021914j:plain

イギリスの音楽プロデューサーで毒舌で人気のあるサイモン・コーウェルらが審査員で、才能ある歌手、パフォーマンスたちを大劇場の大勢の観客のいる中で審査し、プロへの道を誘う番組だ。優勝候補はゴールデンブザーを押され、みな大感動する。全米で歌手への道が開けるのだから。

 

これと同じく、20年前ぐらいからあるアメリカン・アイドルという、やはりオーディション番組をずっと観ていた。これは週ごとに一人落ちてゆく脱落方式で、毎週課題曲を歌いその審査をする。かなりキビシイが、全米でオーデションし何ヶ月もかけてその中から選ぶのだから、相当なスター性のある歌手が優勝する。このアメリカン・アイドルの最終日の優勝者を選ぶ日はお祭りである。 超大物歌手がパフォーマンスを披露して、グラミー賞さながらの、派手でたのしい演出だ。

そんな演出を観ると、やはりエンターテイメントはアメリカだ!金のかけかたが桁違いだし、ワクワクする効果はどこの国もマネできない。

 

音楽の趣味は人それぞれあるけれど、友人を亡くした若い黒人青年が、彼を思い歌うバラードの歌声を聞いて涙して感動して心の中が幸せになった。これはどんな薬より素晴らしい。

f:id:bearpond:20200419022635j:plain

 

音楽、歌に国境は無い・・・これは実に正しい。

感動には国籍も人種もまるで関係ない。

そして、恐ろしいほどの個性と才能のある人たちを観ると、今失われつつある「希望」が蘇る。感動が蘇る。

 

アメリカズ・ゴット・タレント2019年一気見。

www.youtube.com