東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

ガラケーの魅力を再確認

スマートフォンにしてから2年7ヶ月経った。 ・・・と、携帯会社のマイページを見てわかった。 携帯会社のマイページで自分の使用状況や料金や契約などが見れるわけだが、すでに月賦は終わっていた。

パソコンを持ってない子や外でネットやSNSを使う人はスマートフォン的なものが必要だと思うが、いつも思うが、遊びで使ってるわけでしょう? 他人とのコミニュケーションツールであるが、ただの機能満載のオモチャである。

そのオモチャも便利な反面、今回のように銀行から口座が盗まれてしまうのがスマートフォン。SNSの遊びで死人が出るのがスマートフォンの乱用。

自分はなぜかこの道具にはハマらなかった。こんな面白いデジタルツールには思いっきりハマりそうなのだが、まったくハマらなかった。

大昔にガラケーが出た当初は、ボーダフォンというメーカーのを真っ先に買った。まるでフィギャーを買う人の気持ちである。でも、その遊び道具は魅力的だったし目新しさで暇つぶしで使うだけであった。

今の子は、ハマりすぎ。異常。麻薬中毒患者のように四六時中使う中毒。

電話機能を使うのじゃなくアプリで遊ぶわけだから、電話機能はもうほとんど必要ないのだ。

会社からの電話を受けたくないということから、そんなスマートフォンを破棄しようと考えてる。上司の長電話とグチがノイローゼである。いろいろ理由をつけて破棄しよかと考えている。つまり電話拒否の口実である。

電話は実は1年前ぐらい前に固定電話を家に入れた。誰にも教えていない電話である。なぜ入れたのか?これは停電でも通話できる電話機を繋いでる、つまり災害時用である。

f:id:bearpond:20200918010403p:plain

f:id:bearpond:20200918010409j:plain

実はこれと全く同じ色で同じ機種を昔使っていた。今も使い古しが家に残っている。 このガラケー、すごく魅力があると思いませんか?自分はこういうデザインでアナログな機能も大好きです。価格も新規だと一括で1万ちょっとです。基本通話料金は月々は1200円ぐらいです。

パソコンを持ってない人はスマートフォンは必需品になると思うけどこのガラケーも違った意味でとても魅力的である。