おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

寿司はスイーツといってもいい食べ物=甘いもの・の習慣性

f:id:bearpond:20211027173417j:plain砂糖は日本食にかなり使われている。

砂糖というと、精白した白いものよりも茶色い和三盆のほうが健康にいいんじゃない?と思われているけれど、精製の回数が違うだけで成分はそんなに違わない。

すべては「甘いもの」に変わりない。卵の白いのと茶色いのが実は同じものだというように。

砂糖の化学的な体への影響ははっきりしていないようだ。しかし、だからと言って安心できない。というのは実体験でわかる。

甘いものを食べた後、数秒後に頭が痛くなるのだ。そういう人いっぱいいると思う。ただそれを通り過ごしてが食いまくったら、どうなるかはわからないが。

甘いものが体に及ぼす影響はその成分とか栄養とか以外に、甘いものは習慣性を作る。麻薬的なものであると言える。

毎日コンビニのスイーツを買ってた時もあるし(コーヒーと合うしね)知らず知らずに糖分をたくさん取ってる。

でも、テレビではホイップクリームを死ぬほど乗せたスイーツにケーキにどこまで砂糖を使うのか?と思うほどの商品を宣伝してる。

甘いものがどうしても食べたくなるの、わかります。でもそれを繰り返して行くうちに糖質の奴隷になると、糖分が不足するとイライラがでたり、怒りっぽくなたり、そういう反応が出ます。タバコと酒に似ています。

疲れた時に甘いものを食べると脳に良い・・・などは迷信。

糖質の取りすぎの影響は、血管の中に取り込まれた糖質はブドウ糖に置き換えられ、血液中のブドウ糖は膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリンというホルモンの働きによって細胞に取り込まれる。

でも、糖質を取りすぎるとインスリンの分解が間に合わず、高血糖になり、つまり、糖尿病予備軍の完成!

じゃぁ、糖質を抑えればいい、と言っても外食には知らぬところに砂糖がたくさん使われている・・・甘いものは常習性があり麻薬と同じ。スイーツにデザートにアイスコーヒーに砂糖入れて飲んだり(自分はそんなことしないけど!)。。。

気がつかないで糖質をとり過ぎてることに注意が必要。見るからに砂糖漬けのスイーツじゃなくて、とくに「和食」 には要注意である。

寿司:米自体が糖質の塊。さらに寿司米には砂糖が入ります。寿司はスイーツといってもいい食べ物。寿司って、ほんとスイーツだと思う。

煮魚:ご存知のように砂糖かみりんが入ります。これもスイーツの領域です。

ほとんどの和食には砂糖、酢、醤油、みりん、塩、などで味付けする。

調味料や飲料水など、どっちかいうと清涼飲料の裏に貼ってある成分表を見ると、「果糖ブドウ糖液糖」や「ブドウ糖果糖液糖」が甘味料として使われている。これは合成甘味料。要注意です。安く甘味ができるので使われます。

健康志向の店のドレッシングを買いに行ってもほとんどに果糖ブドウ糖液糖が入ってるし恐ろしい!

これ、明日いきなり具合が悪くなるというより、長年食べ続けると、体に良いわけない状態が訪れます。なぜって、合成物質でさらに甘いものなのだから!

糖質は体に入ると小腸で分解されてブドウ糖に変化、その後血管の中に入ります。で、血管の中のブドウ糖で血糖値が上がるので膵臓からインスリンが出て血糖値を下げます。でも過剰な糖質摂取はでインスリンが中性脂肪に合成してしまうのです。これでデブの完成!さらに肝臓への負担も大になって、脂肪肝の完成!

血管の中の糖質が多くなると赤血球同士がネバネバの糖質でくっついてしまい団子状になって血管を行き来します。血液ドロドロ状態はこうして完成!

ちょっとそれますが、体の調子が悪くなる原因は、あれを食べたから・・・生活習慣が・・・とか色々あるが、体の中でいったい何が起こって調子がおかしくなるのか???という答えに、体の中での

炎症 だといいます。

とくに、甘いもの〜合成甘味料〜を取りすぎると肥満と脂肪肝になり、血管や、どこかしらに炎症が起こります。そうすると当然のように免疫が落ち、感染しやすくなって病気が発症する・・・という構図です。

毎日の食事に色々とうるさい健康志向のことを言って、実にうとおしい!と思いますが、ある記事を読んだら悲しい感じになりました。

毎日、通勤、会社で働いてそのストレス解消に酒やタバコや好きのものを食べるのあたりまえのことだ・・・寿命は決まってるのだし・・

のような記事がありました。

確かに、そういうひとがほとんどだから、町の飲食店が繁盛しているわけだ。唐揚げに生姜焼きに焼き鳥にビールに枝豆にとんかつに天ぷらに・・・

おそろしい。けど、他人の人生で人が何を食おうが関係ないし。

毎日の食事は安くてとにかく腹がいっぱいになるもの・・牛丼、ラーメン、コンビニ弁当。働いてる人ならたり前の食事。

でもこれ、変な習慣になってないだろうか?

もし金銭的なことだったら野菜の方が安く済む。たとえば、昼の弁当に1束250円のレタス半分とする。朝と夜は他の野菜を家で食べるとしたら、1日の食事の費用は500ぐらいになるのでは?と思う。

でも、同僚に「葉っぱばかりでウサギか?おまえ?」と言われて変人扱いされるだろう。こういう人目が一番の問題だったりする。

でも今、コロナ流行で人とあまり騒いだり会合しない時代になったので、逆に人目を気にしないで自分だけでやれるような気がする。

これができたら健康診断ですごい結果になると思う。

中性脂肪値、血圧、コレステロール値、などがほぼ正常かそれ以下になるのは間違いない。全ては糖質と肉の脂や他すべての酸性・酸化物質の排除による腸内環境の改善の結果である。なにより肉食の時よりも頭がクリアーになって調子が良くなるはず。

まず簡単に病気予防にできる簡単なことは、

・糖質を取らないこと。

・豚・牛肉を食べないこと。

・高温の油で揚げた物を食べないこと。

簡単でしょ?やめればいいだけなんだから。

さらにできれば、

・精白でも全粒粉でも小麦は食べないこと。

・食事時の炭水化物は1種類にすること。

・果物と炭水化物は同時に食べないこと。

とりあえずこれだけできたら良いのではないかと思う。