おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

アメリカの常識は日本の非常識

アメリカのことはほとんど知らない。映画と報道だけであとは想像するだけ。もしかしたら、その報道や映画で知ることが間違っていたかもしれない。アメリカに旅行とかのレベルじゃなくて、実際に暮らして、人付き合いをして、失敗して、悩んで、そう言うことを経験しないと実際のアメリカはわからないだろう。

というのは、ほんの30分、たまたま観たEテレの海外ドラマ「ゲームシェイカーズ」という子供向けのドラマを観た時、これがアメリカ?と疑問に思った。

f:id:bearpond:20211225193455p:plain

ドラマだから演出で派手になったりオーバーになったりはしているのはわかる。だいたいが、アメリカのティーン向けのテレビドラマは色が原色が多く、鮮やかで、プラスチックで作られた、つまり、人工物が多く、ナチュラルな雰囲気のドラマはほとんどない。しかし、それはその国の個性であって何も問題視しないが、この「ゲームシェイカーズ」はニューヨークのブルックリンでゲーム会社を設立した中学生たちがはちゃめちゃするドラマで、地味で規律を守る日本の中学生とのギャップに、これは架空のドラマではあるが、いまさらだが想像していたアメリカという国のイメージが勘違いだったような気がした。

f:id:bearpond:20211225193253j:plain

30分しか観ていないこのブルックリンを舞台にしたドラマ、中学生たちが地下鉄に乗っている、そこで、何のきっかけか一人の少女が激しいダンスを車内で踊り出す。乗客の中学生たちは座席に立って体を振り、大勢が踊り出す。大人たちも楽しそうに見ておどりだす・・・

こういう状況は日本だと「不謹慎だ!」「これを真似する子供が出たらどうする?」「土足で上がるな!」となるだろう。自分も年だからなのだろうか、まったく面白いとは思えなくむしろマナーがなっていない!とみてしまう。

そういう自由奔放なものに憧れたり羨ましく思うのもわかる。小さいことを気にしないアメリカに魅力を感じる人が多いのもわかる。

たぶん、車内で騒ぐ、踊る、などは状況によっては迷惑行為になるが、楽しければ良い、上手だったら良い、拍手もする、という、楽しめればマナーは関係ないっというアメリカ的な考えなのだろうか?

でも、日本はアメリカとは全く違う。むしろ韓国、中国、アラブ諸国、つまりアジア諸国と同じ価値観を持つ人種だろう。フランスやアメリカに憧れる理由は「自由&個人主義」への憧れだ。

アメリカの常識は日本の非常識

このドラマで驚いたのは、日本人から見るところの非常識で冗談が過ぎていること。ベビーシッターを頼まれた中学生の男子は犬に付けるループを子供3人に付け、食事は犬のやる餌の大きなボウルを床に置いて、そこにドッグフードを入れて食事をさせる。これは笑えるジョークになっていると思うか?

子供向けの海外ドラマの中にアメリカの感覚がはっきり詰まっている。ニュース報道や映画などではあやふやになってわからない、人々の倫理観の許容範囲がわかる。

アメリカの常識は日本の非常識

そう思ってドラマや映画や報道を見たほうが間違わないだろう。