東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

世界中が同じ問題と戦っている

f:id:bearpond:20220303230028j:plain

世界情勢をここまで勉強する時代はいままでなかったのではないでしょうか。

3年前はコロナウィルスで世界中の様子や習慣などがこれほどマスメディアで知ることができた時代はいままでなかった。 そして今回のウクライナへの侵略で世界中の国の動向が知れたことも、またウィルスの流行と同じく、世界中が同じ問題と戦っている、、という珍しい状況である。

これは、何かからのメッセージのような、そんな気さえする。同じものへの戦いといえば地球温暖化である。つまり、何かからのメッセージはずばり「地球」ではないだろうか? ロシアの悪事が地球のメッセージ・・・? いや、そういうことじゃなくて、欧州と共産圏だけの問題ではなくて世界の問題=地球の問題だ、と言いたかった。

そして思うのは地球という惑星はすごく大きいと思っていたがとても小さいと感じた。

宇宙に自分を飛ばして地球をフカンで見る。そういうイメージを映像で見る。すると、地球にある陸地が見えてそこにある国がなんと小さいことか。その小さい国がさらに小さな国を攻めているのがよく見える。

もし、自分が宇宙に在る目に見えない「大いなる存在」(創造主のようなもの)だったら、この小さな地球で争いの種になってる部分をすぐに解体しそして修理し美しい地球に戻すだろう。