おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

ちょっとだけ我慢すればいい。不便な生活は 最大の防災

断捨離を極めていて、あらためて気がついたことがある。

それは、いままで便利な物に飛びついて買い物をしていたこと。

そういう物を使うことが当たり前の生活をしていた。

飽食の時代と昨日書いたが、便利グッズはもう一度見直した方がいいと思う。

 

花粉症、乾燥の時期に必要と思われる加湿空気清浄器

室内の空気を循環させるサーキュレーター

力を入れずにおろせる大根おろし器

電子レンジ

足が楽に歩けるリゲッタシューズ

温風ヒーター

バッグの中が整理できるバッグインバッグ

コートハンガー

ティッシュペーパー

・・・

もっとあると思う。衝動買いする100均の雑貨などがそれだ。

ティッシュペーパーはトイレットペーパーを使っている。トイレにも流せるしティッシュのある生活感も嫌だし、箱を隠すためのカバーを買ったりしたら、さらに不必要なものが増える。トイレットペーパーは白くて目立たないのから嫌じゃない。

空気清浄器って、実感している人は本当に居るのだろうか?と、疑いたくなる。加湿器も喉がイガイガする時もあるが我慢できないことはない。

つ ま り 、

ちょっとだけ我慢すればいい

だけなのだ。

お財布携帯だのカード決済だのと、キャッシュレスも便利だが、絶対に必要だろうか?

絶対じゃなければ・・・・いらない。という選択もあるのじゃない?

人から「おくれてるね」と言われるのが怖い?

便利じゃ無くなる世界が来た時、困るのはそういう人たち。

災害の防災に一生懸命でも、気持ちの部分が追いついていないとオタオタしてしまう。

不便な生活は 最大の防災

それで物がやたら増えることはないし無駄使いもなくなる。