おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

昔の写真を見ると懐かしさで微笑むどころか、自責の念 を感じるばかりである

おはようございます((ヾ・∀・*))hello☆

 

東京の感染者は毎日1500人ぐらいづつ減ってます。

連休は雨が多そうですね。

何か特別なことはしないけど、何かやりたい・・と思う連休期間。

紙焼き写真の整理は、連休前に終わってしまいそうだから。

断捨離はほぼ、終了しているが、昔の確定申告の書類が段ボール箱1個と、親の写真アルバムが大量にある。これは手付かずに残していたが、早々に手を付けるか・・・

しかし整理ばっかりというのも、進歩がない。

アルバムを探していたが台紙が黒で透明フィルムで挟む、よくあるようなやつは1冊2000円以上する。それなのに写真が40枚ぐらいしか入らないので、見た目はオシャレっぽくていいけど効率は最悪、で、コクヨの240枚収納!というのを5冊買った。

item.rakuten.co.jp

机の上に年代ごと、撮った場所ごとに分けてる画像。

コクヨはよくあるエンビのファイル帳のような簡易なアルバムだけど、サイズが縦長で厚みが自在になるというのが売り!!それに安い。安っぽい素材だけど仕上がったら良い感じ。柔らかいし軽いし。

昔の写真見てると、本当にこれが現実だったのか??と(変だけど)思う。こんなことしてたのか?とか、これ、本当に自分なのか?・・そういうことって変だろうか?

思い出すけど、いったい何を考えていたのかと思うと、かなり行き当たりばったりで相当適当な思考しかなかったと思う。決して尊敬されない生き方だ。後悔ばかりを感じる。

(あ〜、このとき改心して人から尊敬される生き方を頑張ればよかった・・・)

などと、昔の写真を見ると懐かしさで微笑むどころか自責の念を感じるばかりである

〇〇ちゃんゴメン!

××さんすいません。

▲▲さん許して下さい・・・

と写真を見て謝るばかり。

(修行が必要だな・・・)