おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

災い転じて福となす

おはようございます★*/+.}(゚ω゚*)♭*.;☆

 

東京の感染者数は ほんの少しづつだけど少なくなっています。第七派は収束に向かっている、、と思っていいでしょう・・このあとに強力な変異株が発生しなければ、かなりいい方へ向かうと感じる。

年代別だと10〜40代が多い。人と接する仕事に動き回る世代だからでしょうがないでしょう。死亡者も少ない。

怪しい預言者かどーかはわからないけど、2024年にこのウィルスは収束する。。と書いているのをみて、「まぁ、そのくらいはかかるだろうな」と、予言者じゃなくても普通に思う。少し収束の時間を長く見積もっておけば当たる確率も高くなる。2024年だとあと2年後、これを信じるとしたら、2年と区切ってその間、自分自身のボディーを美的に鍛えるとか資格を取る、とか、自分をいい方へ考える時間にすればいいのでは?と、思う。 みんなが「あ〜まだ収束しない〜」と、思っている時間に、自分だけはカッコよくなったり得意が増えたりと、災い転じて福となす・・と言うことです。

アメリカでは30年?ぶりにUFOを論議しだした。大統領選挙の中間選挙というのでUFO信者の票を集める目的ではないか?といわれている。ヒラリーとトランプのときもヒラリーが当選したらUFOの資料を公開する!といっていた。これがそのUFO信者への選挙目的だと言われる理由だ。ケンディの時も同じことを言っていた。たしか、何十年後だったか忘れたが、その手の謎の資料が公開される期間があって、それまでは絶対に後悔してはいけない。。。という規則らしいが、そのなかにUFOのことが書かれていると言う。まさに、めちゃくちゃ流行ったドラ「X-FILE」 そのものだ。

20年前だったかな、毎日のようにレンタルビデオやで「X-FILE」を借りてきては夕食の時に見ていた。観出したらもう止まらない。同じようにビデオ借りて観てた人いるかな?ムービー(映画)までになったし。

それにしてもあんなに流行ったドラマなのに主演の2人、モルダーとスカリーはそれ以後パッとしなかった。残念だけどドラマの役柄の印象が強すぎたんだと思う。

しかし、UFOは、いつ現れるのだろう?