おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

ウーバーイーツ、または出前館と協賛し、抗原キットを希望する人は出前を自腹で注文する条件で出前と一緒に届けるシステムにする。

抗原キットの無料配布を薬局や病院窓口で取りに行ってもらう、という政府の案。

医師会が病院の手間が増え混乱すると批判。当たり前である。

そこで自分は考えた。

ウーバーイーツ、または出前館と協賛し、抗原キットを希望する人は出前を自腹で注文する条件で出前と一緒に届けるシステムにする。

だれでも調子が悪い人は外出しないほうがいいので一食ぐらいは出前を頼むのは無駄ではない。出前館もウーバーももうかるし保健所がキットを郵送する手間もなくなる。

名案でしょ!!

 

Yahoo!ニュースの書き込みが暴言や批判などが多く問題になって規制していたが、最近また普通に投稿ができるようだ。

匿名なので無責任な投稿が目立っていたが最近はそうでもないようである。その投稿をざざっと読んでいたら、ほとんどが個人の感想ばかりであったが、感染予防に関して自分と同じ意見のものがあったので紹介してみようと思う。

lic*****15分前
非表示・報告
そもそも風邪の症状としては、発熱している時点で初期対策に失敗していると気づくべきでしょう。
風邪の初期症状は、発熱よりも何時間も前にあったはずです。
その時点で処置をしていれば発熱することもなかったかもしれません。
少なくとも私は、ほんの少しでも風邪の兆候があれば、躊躇なく葛根湯をできれば少し温かいお湯で飲みます。
この方法で10年以上、風邪もインフルエンザももちろん新型コロナでも発熱したことは一度もありません。
発熱外来に来た時にはもうすでに、ウイルスが活発に増殖し全身で炎症が発生している状態です。
症状が出てから風邪ウイルス発見器で検査しても、検査の結果が出るまでにウイルスはその何万倍にも増えています。
まずするべきことは免疫力を低下させないこと、疲れや睡眠不足をなくし、血糖値や血圧を上げないこと、もしも少しでも風邪の兆候があるなら、躊躇なく葛根湯を飲み、温かい飲み物により体温を上げることです。

これ、すごく納得します。つまり発熱があったりした時点ではもう遅い。何となく調子がおかしいなという予感?という風邪ひいたかな?というのは誰も感じると思う。そのときにこの投稿者は葛根湯を飲むと書いてある。それも良いでしょう。自分は麻黄湯を必ず飲みます。ある記事によれば外出時でもなんかだるいな?とか寒気がするな?と思った時、すぐに、本当にすぐに麻黄湯を飲むと良いそうです。葛根湯も良いでしょう。だから外出時には必ずこれらの漢方を持って出たほうがいいと書いてあります。自分もだるいなぁ〜とか不調っぽいなぁという時に必ず麻黄湯を飲みます。自分の感想ですがこれ、かなり効きます。体の内部を温める効果があるようで、1日調子が悪い時は寝る前などにも飲むことがあります。体が熱くなりますがそれが効くようです。(あくまでも個人の感想です)

Yahoo!ニュースの投稿であと2つ紹介しようと思う。

日本はワクチン接種という行動をしてきた。
しかしワクチン接種が進まなかった国はもうコロナが収束している国が多く、ワクチン接種が進んだ国は例外なく感染爆発している。
いま専門家がやることはワクチンの効果はなくむしろ感染拡大に一役かってしまったことに対する真摯な受け止めと方針転換です。
真に感染を防ぐ行動とはワクチン接種を中止し、ワクチンを接種した人に行動制限を頼むしかありません。
間違っていたことを認めるのは困難ですが長期的に見れば今やるしかないんです。
医療も逼迫したくないだけのためにワクチンを半ば脅しのように接種するよう言っていたのも反省すべき

 

ボッチ行動が好きな俺には、「感染を防ぐ行動」を理由に、単独行動がし易くなって、実のところとても生きやすくなってる。
昔は定期的に、知人達の会食とかしてたけど、休日に自分の時間が束縛されるのがイヤだったんだよね。
いや、実際に会って会話すれば楽しい時間なんだけど、やはり気を遣うから疲れるし、自分一人の時間の方が結構楽しいんだよね。
あと、昔は駅のトイレとか、手洗い所に洗剤が無かったことが多かったけど、今はだいたいどこのトレイにも洗剤やアルコールスプレーが置いてあるのは、潔癖症の俺には本当に有り難い。
昔は、お一人様だと入りずらかった小洒落たレストランとかでも、今は行きやすくなった。
集団行動や人混みが苦手な俺は、結構、今の状況って、苦じゃないんだけど、俺と同じ感覚の人って、希なのかね?