東 京 お と こ ひ と り

世の中と人と自分にたいして深く理由を探っていくブログ

子供が生まれないということはカルマを繰り返す魂が必要ないということ。

ご訪問 ありがとうございます。
おはようございます or こんにちわ or こんばんわ
(*^o^*)//

日本は少子化・・・つまり出生率が低くなっている・・・子供を産まない、ということ。

内閣府のページには

「未婚化の進展」、「晩婚化の進展」及び「夫婦の出生力の低下」 これらの背景にあるものとして「仕事と子育てを両立できる環境整備の遅れや高学歴化」、「結婚・出産に対する価値観の変化」、「子育てに対する負担感の増大」及び「経済的不安定の増大等」・・・

などどバカな教師が言いそうなことをマジに書いている。

金がない。仕事で産めない。子供に価値がない。が原因と言っているわけだ。

国は子供を生き物=労働力=税金の元。。という発想しかない。

アフリカ方面の国の出生率は高い。

じゃぁなんで日本は子供が少なくなってるのか?

それは国が考えてるような「税金の元=子供」じゃなく、地球に生まれて一生を送る「魂」のなかに日本で生まれる必要がなくなってきている。つまり、

日本人として一生を送る必要がなくなっている

ということだと思う。

もう(日本に)生まれ変わる必要がない。

日本で日本人として一生を送って人生をカルマを返す必要がない。

だから日本に子供がまれない。

日本で生まれて死んで、次の生では日本で生を受けなくてもアフリカで次の生を受けることもあるだろう。日本に生まれる必要がないということ。

なんとオカルティックな発想だと思うでしょうが、政府の政策や年金や税金のため、国のため、に子供が必要だと言ってるのは政治家だけ。それとは全く関係なく子供が生まれて死ぬ意味は、ひとりひとりのカルマの解消のためだから、子供が生まれないということは日本でカルマを繰り返す魂が必要ないということだ。だから、少なくなるのは自然の流れなのだ。

アフリカや第三国で出生が増えているのは、その国で生まれて一生を送る意味があるから、そこで生まれるのだ。

いま、日本では空前の10代の犯罪行為が増えているが、彼らのような犯罪者は新たなカルマを作ってしまう。その結果、彼らはたぶん若くして死ぬ確率が高い。今後70年も日本のような緩い国で生きてカルマは返せない。なぜなら日本は犯罪者にとても甘い国であるから次の生ではもっと不条理で苦しい国に生まれざるを得ない。

日本ではカルマを返せないので他の国に生まれる。日本はとても生きやすい国だから犯罪者たち、彼らは楽に生きてしまう。そういう理由もあって日本には出生がだんだんと少なくなっている。