ろくろく人生レポート

東京おとこひとり 改め:66才からの人生探求レポート

SF映画は約10年前のものが優秀だ。

SF映画はほぼ観ているくら好きだ。でも映画館でじゃなくDVDを買う。なぜって、大きな画面よりコーヒー飲んだり途中で止めてトイレ行ったりとできるから。

リアリティーのないのは好きじゃない。たとえば「アバター」とかはテレビで放送したとき暇つぶしで観たぐらい、デズニーのような漫画的でCGすごでしょー的なのがみえみえで興味ない。

いろいろあるSFのなかで、最近テレビで放送した「ゼロ・グラビティ」はSF好きにはかなり評価が良いようで。リアルな描写でCGも面白いが心理的な描写がいい。 

精神的な描写のSFを選んでたくさん観た。ジュディー・フォスターの「コンタクト」も宇宙というより、宇宙とは何か?宇宙人はいるのか?・・・のような謎を含んだストーリーだが、もっと科学的な内容で興味深いのが「インターステラー」だ。

これは宇宙というより時間と空間を超えてこの世界は在る・・・といった哲学的な内容で好きだ。

どちらも10年ぐらいまえの作品で、ここ最近では面白いSFものがない。